宇宙推進の市場規模、2020年の67億米ドルから2025年には142億米ドルに到達予測 急速に進化する商業宇宙産業のための規制は、今後の課題に

宇宙推進の市場規模は、2020年の67億米ドルから2025年には142億米ドルに達し、CAGR16.2%で成長すると予測されています。宇宙探査ミッション数の増加、LEOベースのサービスへの需要、先進的な電気推進システムへの需要の増加など、市場は様々な要因によって牽引されています。

COVID-19 の宇宙推進市場への影響

宇宙推進市場の主要プレイヤーには、Safran S.A.(フランス)、Aerojet Rocketdyne Holdings(米国)、SpaceX(米国)、IHI(日本)、Northrop Grumman(米国)などがあります。これらのプレイヤーは、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米などの様々な国で事業を展開しています。

宇宙推進市場は、2018年から2019年にかけて、衛星打ち上げ数の減少によりわずかに縮小しています。COVID-19は宇宙産業の輸出入取引活動にも影響を与えています。しかし、2021年以降、打ち上げ数の増加が予想されることから、宇宙推進市場を牽引していくことが予測されます。

COVID-19が欧州、米国、アジア太平洋地域に急速に拡散したことにより、宇宙推進システムの需要が大幅に減少し、それに伴い、納入の遅れ、製造の停止、製造施設のスタッフ不足、機器の限定的な利用などにより、様々なサプライヤーやサービスプロバイダーの収益が減少しています。しかし、宇宙推進需要は2022年までに回復すると予想されています。

推進要因:宇宙探査ミッションの増加

今後数年の間に、月探査への世界的な関心が収束し、宇宙探査における官民の取り組みが増加することが予想されます。2017年の宇宙探査に対する各国政府の投資額は、2016年から6%増加し、146億米ドルに達しました。2027年までに打ち上げられる宇宙ミッションの大部分を月と火星の探査が占めると予想され、月探査が官民の利害関係者の焦点となっています。その他の宇宙探査のために、合計18のミッションが打ち上げられると予想され、残りのミッションは火星探査に特化したものとなります。

宇宙探査は、長期的に人類に有形無形の利益をもたらします。地球低軌道の研究と探査は、通信、全地球測位、海洋学、監視、天文学など、多くのグローバルなサービスのためのソリューションを提供します。

このように世界的な需要による支出は、主要国のプログラムや新たな国の宇宙探査への投資に牽引され、過去5年間で増加しています。ハイテク推進システムの開発は、宇宙探査の可能性を増大しています。技術的なブレークスルーと過去の宇宙ミッションからの洞察は、大きな市場機会となり、新しいプレイヤーの投資を後押ししています。

抑制要因:政府の政策

国家レベル及び国際レベルでの政府の政策は、小型衛星のエコシステムと産業の進化に直接・間接的に影響を与えます。現在、包括的なグローバルまたは国内の軌道上の規制体制は存在しません。

衛星事業者は、投資家に確実性を約束する規制の開発に関心を示しています。事業者と政策立案者の計画が一致するとは限らず、国際社会協定の作成には多大な努力が必要となり、急速に進化する商業宇宙産業のための政策と規制の策定は、今後 10 年間の課題となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]