世界発電所ボイラー市場規模2025年には228億ドルに到達予測 アジア太平洋地域での電力需要の増加と、技術発展による老朽ボイラーのアップグレードが成長のカギ

発電所ボイラー市場規模は、2020年の推定181億ドルからCAGR4.8%で成長し2025年までに228億ドルに達すると予測されています。電力需要の増加と、超臨界・超々臨界ボイラー技術発展が、発電所ボイラー市場を牽引すると予想されています。

COVID-19 世界の発電所ボイラー市場への影響

COVID-19による全国的なロックダウンが原因で、電力産業は現在伸び悩んでいます。電力需要の減少に伴い、老朽化した電力インフラ置き換えの投資はごくわずかになると推定され、主要な電力プロジェクトの中止や遅延も予想されています。国際エネルギー機関(IEA)によると、完全ロックダウン中の電力需要が20%以上減少した国もあるとのことです。また、石炭、ガス、原子力など、発電を行う様々な燃料源の需要も同様に減少しています。また、供給不足による原材料調達価格の上昇も予想されます。

発電所ボイラー成長のカギ:電力需要の増加

発電所ボイラーでは、石炭、天然ガス、石油、バイオマス/廃棄物などの様々な燃料を使用して高圧蒸気を生成し、発電します。電力は最も急速に成長しているエネルギー源です。IEAによると、世界の電力需要は2040年まで年間2.1%で成長すると予測されています。最終エネルギー消費量に占める電力の割合が2018年の19%から2040年には24%に増加します。特に発展途上国での需要が増加しています。収入の増加、鉱工業生産の拡大などが電力需要を押し上げています。米国エネルギー情報局(EIA)は、2018年から2050年の間に世界のエネルギー消費量が50%近く増加すると推定しています。この増加のほとんどは、アジア太平洋地域に集中しています。電力需要の増加は、発電所のボイラー市場を牽引する可能性があります。

発電所ボイラー設置の障壁:多額の投資

発電所は複雑な施設であり、エンジニアリング、調達、建設(EPC)、テクノロジーなどの面で多額の投資が必要です。新しい発電所の建設費は、発電技術の種類によって左右されます。さらに、メンテナンスや技術の導入などの建設後の段階でも、かなりの設備投資が必要です。発電所のボイラーのコストは、設計パラメーターとアフターサポートのレベルの違いにより大幅に異なります。

老朽化した発電所ボイラー基盤のアップグレード

ボイラーは発電所に欠かせない設備です。古い機器の交換やアップグレードは、多くの電力機器メーカーにとっての好機です。新しい効率的なボイラーに置き換えることは、発電所の熱効率の向上に役立ちます。多くの企業は、石炭およびガス燃料発電所向けの高度なボイラーアップグレードの提供に注力しています。米国、カナダ、英国、ドイツなどの先進国では、電力基盤が老朽化しており、炭素排出量が多くなっているため、継続的な投資が行われています。IEAによると、2014年から2035年にかけて、世界中の新しい発電所の建設と既存の発電所の改修に累積で約9兆5,530億米ドルが費やされ、その30%が化石燃料発電所に使用されるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]