医薬品ゼラチンの市場規模2025年には12億ドルに到達予測、成長要因は汎用性の高さと慢性疾患の増加、抑制要因は菜食主義傾向の高まり

医薬品ゼラチンの市場規模

市場規模は、2020年の10億ドルから2025年には12億ドルに達すると予測され、予測期間中の年平均成長率は5.3%です。医薬品用途におけるゼラチンの汎用性とユニークな機能性、慢性疾患の増加によるゼラチンカプセルの需要の増加、世界的な高齢化人口の増加が成長の要因となっています。

Source:MarketsandMarkets

COVID-19 医薬品ゼラチン市場への影響

COVID-19の流行は、世界的な製薬産業の需要拡大を牽引しています。しかし、各地で検疫・封鎖措置がとられているため、輸送・物流上の問題が発生し、医薬品ゼラチン原料の調達が困難になっています。このため、一部の地域では医薬品ゼラチンの供給に影響が出ており、需給ギャップが生じています。インドや中国などのロックダウンが長期化している国は、米国や欧州連合(EU)諸国など、他の国に比べて影響が大きいです。しかし、この影響は一時的なもので、COVID-19後の通常業務の再開に伴い回復すると予想されています。

成長要因:医薬用途におけるゼラチンの汎用性と優位性

ゼラチンは、ゲル化、接着、コーティング、結合、皮膜形成などの特有の機能性を有しているため、医薬品分野での使用に非常に有利な特性を持っています。ハードカプセル、ソフトカプセル、錠剤などにゼラチンをコーティングすることで、薬の臭いを消すだけでなく、飲み込みやすくする効果もあります。また、ゼラチンの特性により、酸素や水分などの環境変化から医薬品を保護し、製品の保存性を高めることができます。このようなゼラチンの優れた機能特性が、医薬品ゼラチン市場を牽引しています。

抑制要因:菜食主義傾向の高まり

近年、世界的にビーガン(動物性食品を使用しないこと)の傾向が高まっています。この傾向は製薬業界にも及んでおり、カプセルメーカーは消費者の要望に応えるために、ノンゼラチンカプセルや純粋に植物由来の素材で製造されたベジタリアンカプセルを提供しています。植物由来の医薬品に対する需要の高まりと、それに続くカプセルメーカーの製品ポートフォリオの変化が、今後の医薬品用ゼラチンの成長を抑制すると予想されます。

課題:価格上昇と原材料不足

ゼラチン抽出のための原料の入手に影響を与える主な要因は、屠畜場や食肉加工業の処理能力であり、経済状況によって大きく変化します。さらに、原料の取り扱いや生産は、動物媒介性疾患の蔓延防止のために、各国の厳しい規制によっても管理されています。これは、輸出や輸入が禁止されている場合や、特定の地域でこれらの病気が発生している場合には、供給がさらに厳しくなることを示唆しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]