接着防止剤の市場規模2025年に7億6900万ドルに到達予測、成長率は徐々に回復傾向

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「癒着防止材の世界市場 (~2025年):製品 (再生セルロース・ヒアルロン酸・ポリエチレングリコール・フィブリン・コラーゲン&タンパク質)・タイプ (フィルム・ゲル・液体)・用途 (腹部・整形外科・心臓血管・婦人科手術)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を12月10日より開始いたしました。

手術件数の増加、スポーツ関連の怪我の増加、高齢者人口の増加、癒着形成や癒着関連疾患に対する意識の高まりなどが、この市場の成長を牽引する主な要因となっています。しかし、現在、COVID-19パンデミックの影響で、患者の安全を守るために行われる手術の件数が減少していることから、この市場の成長率は若干低下しています。しかし、世界経済の正常化により、保留されていた手術が実施となり、手術件数は徐々に増加していくでしょう。結果として、バイオ外科関連製品に対する需要は回復に向かうことになります。

癒着防止剤市場への注目が高まる

手術後の癒着は、腹部手術の場合の激しい腹痛、婦人科手術後の不妊、神経外科手術後の身体障害など、術式によって異なる合併症を引き起こします。術後の癒着による患者への影響を考慮し、市場では癒着防止剤などのバイオサージェリー製品の重要性が高まっています。

障壁:外科医の抵抗感

外科医はこれらのリスクを認識しているにもかかわらず、安全性と有効性を裏付ける信頼性の高い臨床エビデンスが不足していたり、限られていたりするという理由で、癒着防止製品の使用に消極的な場合があります。実際に、臨床結果が振るわず、販売中止となった製品もいくつか存在します。

未開拓の新興市場

アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東・アフリカ地域では、癒着防止剤の普及率は高くありません。韓国、中国、インド、メキシコ、ブラジルなどの国々は、心臓血管、整形外科、一般/腹部、婦人科疾患などの対象適応症の患者数が多いため、今後数年で癒着防止剤市場で事業を展開しているプレイヤーに大きな成長機会を提供すると予想されています。

課題:規制が厳しく、技術革新が限られている

新しい接着防止剤の開発には多額の投資が必要であり、新製品は一般的に販売承認を得るまでに7~8年以上かかるとされています。また、製品が臨床試験段階に入り、臨床試験をクリアするまでに必要なコストは非常に高く、長い時間が必要になります。しかしながら、製品が承認される可能性は低いため、この分野における製品開発は限定的です。

合成防止剤セグメントは、予測期間中に最も急速に成長

合成癒着防止剤は、術後に最も広く使用されている製品です。このセグメントは2019年の癒着防止剤市場で最大のシェアを占め、最大の成長率で拡大しています。

本記事の詳細は

癒着防止材の世界市場 (~2025年):製品 (再生セルロース・ヒアルロン酸・ポリエチレングリコール・フィブリン・コラーゲン&タンパク質)・タイプ (フィルム・ゲル・液体)・用途 (腹部・整形外科・心臓血管・婦人科手術)・地域別もっとみる

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]