再生医療の市場規模は大きく成長、北米が最大のマーケットになる見通し

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「再生医療の世界市場 (~2025年):製品 (細胞治療薬 (自家・同種)・幹細胞治療薬・組織工学製品・遺伝子治療薬)・疾患区分 (創傷ケア・筋骨格・癌・歯科・眼科)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を12月10日より開始いたしました。

再生医療の市場規模は、15.9%のCAGRで拡大し、2020年の85億ドルから2025年までに179億ドルに達すると予想されています。市場の成長は、慢性疾患、遺伝性疾患、癌の有病率の上昇、再生医療研究への投資の増加、再生医療製品のパイプラインの成長によってもたらされます。

COVID-19 世界の再生医療市場へのインパクト

COVID-19の大流行は、予測期間の初期段階で再生医療市場に影響を与えるおそれがあります。全国的なロックダウン、創傷ケアサービスの拒否、待機手術のキャンセルや延期、COVID-19医療従事者の皮膚損傷の増加などにより、再生医療市場は予測期間中に一定の減少を記録すると予想されます。しかし、予測期間の後半には、再生医療製品の需要が大幅に増加すると予想されます。

慢性疾患、遺伝性疾患、がんの増加

過去数十年の間に、CVD、癌、糖尿病、潰瘍、嚢胞性線維症などの遺伝性疾患などの慢性疾患の発生率と有病率は、世界中で大幅に増加しています。糖尿病と肥満は、感染症、潰瘍(下肢の潰瘍)、手術創などの創傷の発生率増加の原因となります。こうした疾患は治療を必要とし、その分医療費の負担が増加します。

成長機会:21世紀治療法の実施

米国では2016年12月に21世紀の治療法(21st Century Cures Act)が施行されました。特に再生医療の研究と医療イノベーションを推進するために制定されたこの新法は、今後数年の間にいくつかの製品の開発と承認に影響を与える可能性のある様々な規定を網羅しています。

北米は再生医療市場の最大の地域市場

世界の再生医療市場は、北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域(RoW)の4つの主要地域にセグメンテーションされています。2019年の再生医療市場では、北米が最大のシェアを占めています。北米の再生医療市場の成長は、同地域における幹細胞バンク、組織工学利用の拡大、創薬の活発化、医療分野の拡大、がんや慢性疾患の治療における幹細胞治療や細胞免疫療法の高い採用などが要因と考えられています。

本記事の詳細は

再生医療の世界市場 (~2025年):製品 (細胞治療薬 (自家・同種)・幹細胞治療薬・組織工学製品・遺伝子治療薬)・疾患区分 (創傷ケア・筋骨格・癌・歯科・眼科)・地域別もっとみる

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]