医薬品原薬の市場規模2025年には2,483億ドルに到達予測、COVID-19による医薬品研究開発の強化、慢性疾患患者の増加により成長、新興バイオシミラー市場にも注目!

医薬品原薬の市場規模

市場規模は、2020年の1,873億米ドルから2025年には2,483億米ドルに拡大し、CAGRは5.8%に達すると予測されています。市場の成長は、主に医薬品の研究開発の増加、慢性疾患の罹患率の増加、ジェネリック医薬品の重要性の高まり、バイオ医薬品の増加によって牽引されています。一方で、各国の不利な薬価統制政策や高額な製造コストが成長を抑制すると予測されます。

Source:MarketsandMarkets

COVID-19 医薬品原薬市場への影響

パンデミック宣言後、大手製薬会社やバイオ製薬会社、小規模な新興企業が、治療法の開発に踏み出し、わずか数週間でCOVID-19を標的とする分子を次々と発見しました。現在、約155の分子が臨床研究段階にあり、45の分子が前臨床開発段階にあります。この中には、繰り返し利用されている4つの有望な薬剤(レムデシビル、クロロキン&ヒドロキシクロロキン、ロピナビル&リトナビル、ロピナビル+リトナビル+インターフェロンβ-1a)が含まれます。各国は、COVID-19と戦うための効率的なワクチンの開発と大量生産に向けて、世界的な競争を繰り広げています。COVID-19による経済的・社会的な負担を受け、政府機関は世界規模でワクチン開発のための資金調達を促しています。WHOによると、6月時点で140種類以上のワクチンが様々な段階で開発中で、うち13種はヒト臨床試験段階にあり、他のワクチンは前臨床試験のごく初期段階にとどまっています。このような医薬品開発のための資金調達と研究の増加がAPI市場の成長を後押ししています。

成長要因:慢性疾患の発症率の増加

過去数十年の間に、慢性疾患の発症率は大幅に増加しています。これは、世界的な老年人口の増加、ライフスタイルの変化、急速な都市化に伴う食生活の変化などが原因と考えられます。国際糖尿病連盟によると、2019年には世界で4億6300万人が糖尿病と診断されています。さらに、年間の新規がん患者数は2030年には2360万人に増加すると予測されています。

抑制要因:製造コストの高さ

製造業者は、cGMPなどの基準を確実に遵守するために、製造施設の改善のために高額な投資をしなければなりません。これには、生産設備の改修、資格取得や製造プロセスに関する教育、製品の有効性や安全性試験についての書類作成などの費用が含まれます。また、それが少量生産の場合は費用効率が悪くなります。さらに、原薬の化学合成は多くの場合、高価で珍しい成分や原材料を必要とするため、トータルの製造コストの高さが障壁になってきます。

今後の注目: 新興バイオシミラー市場

特許期間満了後のバイオ医薬品の増加、様々な治療用途(関節リウマチや血液疾患など)での需要増により、バイオシミラー市場が伸びています。バイオシミラーは特許を取得したバイオ医薬品のジェネリック版であるため、規制当局の厳しい要件を満たす必要がなく、その分費用対効果が高いです。今後10年間で、今あるバイオ医薬品の特許や知的財産権が失効するため、バイオシミラーが市場に参入する機会が増えると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]