EdTechおよびスマートクラスルームの市場規模、2025年には1813億米ドル到達予測 モバイルデバイスの普及により市場の成長を後押し

EdTechおよびスマートクラスルームの市場規模は、2020年の858億米ドルから2025年には1813億米ドルに達し、CAGR16.1%で成長すると予測しています。市場の成長を牽引する主な要因としては、モバイルデバイスの普及とインターネットユーザーの利用が身近になったこと、EdTechソリューションへの需要の高まり、COVID-19パンデミックの影響、教育システムを運営するためのオンライン教育・学習モデルの増加などが挙げられます。

最大の市場規模を維持するインタラクティブディスプレイセグメント

インタラクティブディスプレイは、技術的なコンテンツを中心に提供することで、従来の教科書ベースの学習では達成が困難であった双方向の技術を可能にするハードウェアデバイスです。インタラクティブディスプレイの特徴は、学習者の関与を高め、学生を刺激し、その熱意を高める役割を果たすため、学習に良い影響を与える可能性があります。そして、幼稚園から高校までの教育、高等教育、企業組織での教育に不可欠な存在になってきています。このディスプレイは、ワイヤレス技術を使用した革新的な新世代ハードウェアです。そのうえ、技術的にも高度な対応ができることで、先進的で成熟した市場で広く使用されています。組織にとって効果的な方法でデータを処理することで、このハードウェアはグローバルに使用されています。また、画像、ビデオ、ビデオ通話などのコンテンツを表示するために使用されます。インタラクティブディスプレイは、トレーナー、学生、教師からの好反応により、教育部門ではじめに採用されました。

最高のCAGRで成長する学習システム管理セグメント

LMS(学習管理システム)アプリケーションは、eラーニングアプリケーションの監督、認証、追跡、提供のために使用されます。これらのシステムは、主に教室での指示を把握し、学習管理を自動化することで、コンテンツを管理・作成するためのツールを提供します。教育機関がオンラインで教育コンテンツにアクセスできるようにすることで、学生はWebブラウザを使用して資料を表示することができます。また、管理トレーニングや教育記録など幅広く対応するシステムにより、教師と学生間のやりとりを可能にする混合コースとオンラインコースの利用を実現します。

最大の市場規模を占める北米

EdTechおよびスマートクラスルームの地域別市場は、北米、アジア太平洋(APAC)、欧州、中東・アフリカ(MEA)、中南米の5つの主要な地域に分類されます。北米は、米国やカナダなど、経済・技術の両面で進んだ国の存在と、新興技術により、最大の市場規模を占めると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]