プレフィルドシリンジの市場規模、2025 年に86 億米ドルに到達予測 生活習慣病の有病率の増加や、自己注射器の需要増加などにより市場は成長

プレフィルドシリンジの市場規模は、2020 年の 56 億米ドルから 2025 年には86 億米ドルに達し、CAGR9.0%で成長すると予測されています。市場の成長は、慢性疾患の蔓延、技術の進歩、自己注射非経口装置の採用率の上昇、ニードルスティック法制を中心とした政府の規制などに起因しています。また、患者や医療従事者の間でプレフィルドシリンジの利点に対する意識が高まっていること、医薬品市場における生物学的製剤やバイオシミラーの数の増加も、市場の成長を支えています。

COVID-19のプレフィルドシリンジ市場への影響

COVID-19パンデミックが医薬品製造やサプライチェーンに与える影響から、プレフィルドシリンジ市場も短期的に影響を受けることが予想されています。さらに、HCP(医療従事者)は、対面での接触を減らすために遠隔医療を使用してケアを提供する新しい方法に適応しており、仮想医療とデジタル技術の新しい方法を採用することは、HCPが日常的な予約を継続できるようにするために不可欠です。さらに、アプリの使用により慢性疾患の自己管理をサポートすることができるようになります。例えば、継続的なブドウ糖モニタリングは糖尿病のサポートを可能にします。同様に、このCOVID-19パンデミックの間、慢性疾患の管理と服薬アドヒアランスの促進にコミュニティ薬剤師が貢献することは、常に緊張状態にある医療システムへの負担を軽減する上で不可欠です。

推進要因:対象疾患人口の増加

プレフィルドシリンジは、主に慢性疾患の治療に使用されており、心臓病、糖尿病、自己免疫疾患など、患者が薬を自己投与する必要がある疾患の治療に使用されています。その結果、世界中で慢性疾患や生活習慣病の罹患率と有病率が増加していることが市場の成長に貢献する主な要因となっています。また、その使用に関連した利便性と安全性から、自己注射器の需要が高まっています。

抑制要因:安全機能が統合されたプレフィルドシリンジの不足

プレフィルドシリンジは、バイアルから薬剤を採取する際に発生する不注意な針刺し事故や有毒製品への曝露の可能性を減らすことにより、患者の安全性を高めます。しかし、安全システムが統合されているものと比較して、かなりの数の針刺し事故が裸のプレフィルドシリンジの使用に関連しています。2019年の時点で、米国では年間50万人の負傷者が発生しており、そのうち半数(1日あたり約1,000人)が病院で発生しています。さらに、欧州では年間100万人の負傷者が発生しています。このようなケースでは、プレフィルドシリンジの汚染された針がHIVやHCVなどの血液を媒介とする感染症につながる可能性があります。

このことを考慮すると、高価で製造手順が難しいため、安全機能を備えたプレフィルドシリンジの市場での入手が限られていることが、大きな懸念材料となっています。しかし、医療業界は針刺し事故の発生率を減らすことに重点を置いており、安全性の高いプレフィルドシリンジの開発を急いでいることから、この傾向は今後数年間で変化すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]