スマートガラスの市場規模、2025年には68億米ドルに成長予測 今後、大量生産施設の開設による大幅なコスト削減に期待

スマートガラスの市場規模は、2020年の38億米ドルから2025年には68億米ドルに達し、CAGR12.1%で成長すると予想されています。この成長は、自動車用途でのスマートガラスの採用拡大や、エレトロクロミック材料の価格下落などの要因に牽引されています。また、各国の行政機関は、このエネルギー効率の高い製品の使用を奨励しています。スマートガラスには、省エネや自動調光などの特性があり、メンテナンスコストを削減することができます。その結果、これらのガラス製品のメリットは投資額を上回るものとなっています。

COVID-19のスマートガラス市場への影響

COVID-19は、スマートガラス業界の成長に深刻な影響を与えています。建築や自動車などの主要用途向けスマートガラスの販売は、世界各地でウイルスの進行状況に応じて、今年度は10%から15%の減少が見込まれています。新規建設プロジェクト数の減少や製造施設の一時的な操業停止などが、市場の成長を阻害する要因となっています。

牽引要因

自動車用途における需要拡大

自動車産業は、2008年の金融崩壊後の復活以来、急速に成長しています。また、消費者の経済に対する信頼や支出の増加により販売が増加しています。自動車用ガラスの需要はいくつかの要因に影響されます。自動車利用の総人口と走行距離の増加に伴い、ガラスの交換量は増加します。また、悪天候や道路状況によっても、自動車用ガラスの修理や交換の需要が増加する可能性があります。しかし、消費者はフロントガラスの軽微な損傷の修理を、車両の下取りや売却、車検まで先延ばしにする傾向があります。そのため、新車の販売台数、中古車の回転率、車検の法律などが、各国の自動車用途におけるスマートガラスの需要に異なる影響を及ぼします。

スマートガラスは、自動車、航空、および熱とグレアコントロール(反射制御)を必要とするその他の輸送用途に最適です。自動車分野では、バックミラー、窓、サンルーフ、フロントガラスなどの用途で使用されています。スマートガラスは有害な紫外線(UV)を遮断し、まぶしさを軽減します。また、車内の熱をコントロールし、温度維持に必要とされるエネルギー消費を削減します。

制御要因

スマートガラスのコストの高さ

スマートガラス業界は、技術・応用の両面で、多くの変化と進歩を遂げてきました。スマートガラスのコストは、技術の大幅な進歩により、従来の窓やガラスに比べて2倍から4倍も高くなっています。これらのガラスの高コストは、大規模な採用の妨げになっています。メーカーはエンドユーザーへのROIを定量化することが難しく、そのため、スマートガラスの主な用途はハイエンドおよび高級品の分野に集中しています。

メーカーによる大量生産施設の開設により、コストを下げることが期待されています。生産量の増加に伴い、スマートガラスのコストは30%から40%削減されると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]