ポストCOVID 19のマネーロンダリング対策市場 規制環境の拡大とコンプライアンス違反への罰金が市場の成長を後押し

ポストCOVID 19のマネーロンダリング対策の市場規模は、2020年の22億米ドルから2025年には45億米ドルに達し、CAGR15.6%で成長すると予想されています。

同市場の成長を後押ししている主な要因に、AMLに関する規制やコンプライアンスの厳格化、デジタル決済関連の問題に対する金融機関の注目度の高まり、金融犯罪を抑制するためにデータの全体像を把握する必要性などが挙げられます。さらに、AMLにおける高度な分析技術の採用の増加と、AMLソリューションの開発におけるAI、ML、ビッグデータ技術の統合は、AMLソリューションベンダーに有利な機会を提供することが予測されます。

COVID 19 のマネーロンダリング対策に対する影響

COVID-19はデジタル技術の成長に革命を起こしました。各国政府によるロックダウンにより、世界中の人々が日常的な必要性を満たすためにデジタルプラットフォームに移行しています。その中でもデジタル決済は主要な用途です。デジタルウォレットやeWalletsの使用が増加しており、この移行により金銭の違法取引も増えています。FATFは、違法な金銭取引について銀行に警告を発しています。このため、AMLソリューションの需要が増加しており、市場の成長に大きな影響を与えています。デジタルプラットフォームの多用によるネットワーク上のデータ量の増加は、銀行や金融機関のインフラセキュリティへの負荷を増大させています。多くの予防措置を講じているにもかかわらず、銀行はハッカーの攻撃を受け、巨額の損失を被っています。そのため、先進的なAMLソリューションの需要が増加しており、市場の成長に影響を与えています。ネットワーク上のデータの増加により、金融犯罪などのサイバー犯罪が増加しています。現在、銀行や金融機関はセキュリティ対策を進めるためにデータ分析ツールを採用しています。このことが、市場の成長に大きな影響を与えると予想されています。

牽引要因: AML規制の不遵守が、金銭的な罰則、規制上の制裁、および風評被害につながる

KYC (本人確認のプロセス)のための様々な国際的な AML 規制と地域的な AML 規制があります。これらの規制には、金融産業規制庁(FINRA)、中国銀行保険監督管理委員会(CBIRC)、オーストラリア取引報告分析センター(AUSTRAC)などがあります。金融不正行為の絶え間ない変化に伴い、これらの規制は複雑化しているマネーロンダリングの小さな側面さえもカバーできるように改善され、洗練されてきています。規制はさらに厳しくなっており、これらの規制に違反した場合には、違反者に多額の罰金が課せられることになります。規制環境が複雑化し、規制機関が課す様々な規制を遵守する必要性が高まっています。これらの要因により、AMLソリューションへの需要が高まることが予想されます。AMLの違反により課せられる罰金の額と数は、年々増加しており、多額の罰金が課せられるようになってきています。規制環境の拡大とコンプライアンス違反による罰金が、AMLソリューションやサービスの採用を後押ししています。

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]