スマートシティの市場規模、2025年には8207億米ドルに到達予測 スマート交通分野が最大の市場規模を占め成長

スマートシティの市場規模は、2020年の4108億米ドルから2025年には8207億米ドルに達し、CAGR14.8%で成長すると予想されています。市場は、公共安全に対する需要、都市人口の増加、政府の取り組みなどにより成長が期待されています。スマートシティでは、ビデオ監視、DNAフェノタイピング、リアルタイムのナンバープレートや顔認証などの技術が公共の安全のために広く利用されており、市民の安全を確保するための監視の必要性が示されています。スマート交通分野は、2020年に最大の市場規模を占めると推定され、驚異的なCAGRで成長すると予測されています。スマート交通ソリューションは、都市人口の増加や環境問題への関心の高まりなど、既存および新規の交通インフラプロジェクト実現に向けて重要な後押しをもたらしています。

COVID-19のスマートシティ市場に与える影響

スマートシティテクノロジープロバイダーは、スマート交通、スマートユーティリティ、スマートビル、スマートシティサービスなどのさまざまな分野で、ソリューションが着実に採用されることが期待されています。これらのアプリケーション分野では、IoT、ビッグデータ、分析、クラウド、セキュリティ、ネットワーク接続などと効果的に連携できる革新的なスマートシティソリューションへの要求が高まっています。スマートユーティリティやスマートシティサービスなどのスマートシティ重点分野におけるIoTの採用は、各国の規制当局が市民の健康、安全、生活水準を監視することに主眼を置いているため、パンデミック時のスマートシティソリューションの採用を後押しするものと期待されています。様々な都市でIoTデバイスを管理する必要性に対応するため、スマートシティソリューションベンダーはソリューションの管理機能を強化する必要があります。

推進要因:公共の安全と通信インフラに対するニーズの高まり

スマートシティプロジェクトの成功は、通信インフラと公共安全のための利用に大きく依存しています。すべての都市は、オープンで資源効率の良い方法でスマートシティのコンセプトを実現するために、通信プラットフォームが確立され、アクセス可能であることを保証する必要があります。スマートシティを目指すすべての都市にとって、データ通信のための近代的で基本的なインフラへのアクセスは重要な要素です。例えば、固定ネットワーク、モバイルネットワーク、IoTアプリケーション専用のネットワークなどは、そのような都市にとって重要な要素となります。

抑制要因:IoTに関するプライバシーとセキュリティの懸念

スマートシティプロジェクトでは、プライバシーとセキュリティが大きな関心事となっています。スマートシティのエコシステムは、IoTやさまざまなデータの中央アクセスポイントに大きく依存しているため、エコシステム全体の脆弱性が高くなっています。スマートシティにおけるプライバシーとセキュリティの課題を解決するために、セキュリティの専門家やスマートシティプランナーなどの利害関係者は、スマートネットワークにこの課題が残り続けることがないように、総合的に問題に対処しなければなりません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]