電子部品製造向け湿式化学品の市場規模、2025年に39億米ドルに到達予測 半導体や集積化チップ使用の増加が市場成長を牽引

電子部品製造向け湿式化学品の市場規模は、2020年の33億米ドルから2025年には39億米ドルに達し、CAGR3.5%で成長すると予測されています。市場を牽引する要因は、消費財や半導体産業からの需要の増加です。

COVID-19 の電子部品製造向け湿式化学品市場への影響

電子部品製造向け湿式化学品市場には、Avantor、BASF SE、Cabot Microelectronics、Honeywell、関東化学、などの主要なTierIおよびTierIIサプライヤーが含まれます。これらのサプライヤーは、アジア太平洋、欧州、北米、南米、中東・アフリカのさまざまな国に製造施設を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えました。

米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインのプレイヤーは、COVID-19パンデミックの影響で、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、従業員の安全のための製造部門の停止などを行っています。その結果、2020年には市場の需要は減少すると予想されます。メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産を調整し、TierIメーカーの需要に応じた生産を計画すると思われます。

推進要因:電子産業における技術的進歩

電子部品製造向け湿式化学品の市場への浸透は、電子機器および半導体産業で上昇しています。新エネルギー、通信、コンピューター、情報ネットワーク技術、マイクロコンピューター機械知能システム、産業オートメーション、家電製品など、現代技術産業での使用が増加しています。

電子部品製造向け湿式化学品は超高純度であるため、半導体の製造・加工時の洗浄・エッチング用途に広く使用されています。近年のナノデバイスの実用化に伴い、様々な技術の進歩による、フォトレジストやエッチング用薬品の市場規模が拡大しています。また、電子部品の製造における半導体や集積化チップでの使用が増加していることからも、市場規模が拡大しています。したがって、電子産業の技術的進歩による電子部品の製造増加は、市場の主要な推進要因になると予測されています。

制約要因:特定の化学物質に関する厳しい健康・環境規制

エレクトロニクス産業では、その製造工程で無数の化学物質を使用しています。これらの化学物質の中には、塩化水素ガス、可燃性ガス、各種溶剤などのガスも含まれており、人間だけでなく環境にも有害なものがあります。特定の溶剤に過度に、また継続的にさらされすると、肝臓、肺、腎臓、生殖器に障害が生じ癌を引き起こす可能性があります。

電子製品の製造工程での有害化学物質の使用により、企業は様々な規制に直面しています。企業は、事業の収益に直接的または間接的に影響を与えるうる法律の遵守を義務付けられるようになりました。ヨーロッパだけでも、電子産業には約500の既存の法律が存在します。法律は、エネルギー効率、製品のリサイクル、製品中の冷媒の使用、オゾン層破壊物質の使用、製品中の紛争鉱物の使用に関連する要件と様々です。電子機器メーカーは、環境災害や健康危機を防ぐために、これらの規制を遵守しなければなりません。一方で、これらの規制を遵守することで、高い運用コストが発生しています。この規制はサプライチェーンの中で積み重なり、原材料の調達、生産、梱包、物流、最終製品の廃棄などでも重い費用が発生します。最終的に、厳しい健康・環境規制は、市場成長を抑制する要因になると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]