振動センサーの市場規模、2025年には30億米ドルに到達予測 最大シェアの圧電型加速度センサーが市場を支配

振動センサーの市場規模は、2020年の20億米ドルから2025年には30億米ドルに達し、CAGR8.2%で成長すると予測されています。市場の成長を牽引する主要な要因は、スマート工場開発のための自動状態監視技術の採用、機械状態監視のためのワイヤレスシステムの使用、予防保全から予知保全への継続的な移行、新しいアプリケーションからの振動センサーへの需要などです。

COVID-19が振動センサー市場に与える影響

COVID-19の発生と蔓延が振動センサー市場に影響を与えています。OEM、サプライヤー、エンドユーザー、ディストリビュータなど、振動センサーのバリューチェーンに関わる業界専門家からの意見を考慮し、また、振動センサーエコシステムの企業の2020年第1四半期と第2四半期の財務リリースを参照した上で、2019年から2020年にかけて市場規模が縮小する可能性が推定されます。一方で、2021年以降に市場は回復すると予想されています。パンデミックの間、エネルギー・電力、化学、食品・飲料、ヘルスケアなどの重要産業では、機械の安全かつ効率的な操作を確保するため、振動センサーの需要の増加が引き続き報告されています。オンライン振動監視プロセスに対する需要の急増は、2020年の市場成長を牽引すると予想されています。

加速度センサーが最大のシェアを占める

加速度センサーは、市場で最大のシェアを占めると予想されています。この分野の成長は、振動モニタリングデータを収集するための加速度センサーの使用が増加したことに起因すると考えられます。圧電型加速度センサーは、振動監視アプリケーションで最も広く使用されているセンサーです。これは、非常に低い周波数から高い周波数まで、幅広い周波数帯に対応しています。また、さまざまなアプリケーション固有の設計でも利用できます。

自動車産業向けの市場は、最高のCAGR市場で成長

用途別では、自動車部門が最も高いCAGRで成長すると予測されています。世界の自動車産業は、モーター監視システムと振動センサーを必要とする組立ラインの自動化とアップグレードに焦点を合わせています。モーター電流シグネチャ解析は、機械の故障を減らし、機械の寿命を延ばすのに役立ちます。自動車業界では、1日あたりの生産台数が大幅に増加しています。生産サイクルを最小限に抑え、生産量を増やすために、生産現場の機械を適切にメンテナンスすることが求められています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]