農業機械の市場規模、2025年に1130億米ドルに到達予測 水、種子、肥料、農機具など、資源の効率的な利用を促進する精密農業により収量と品質が向上

農業機械の市場規模は、2020年の922億米ドルから2025年までに1130億米ドルに達し、CAGR4.2%で成長すると予測されています。市場の成長は、機械化を推進するためのローン免除・融資・補助融資の形での、農業従事者に対する政府の支援により牽引されています。

2020年の農業機械市場は、COVID-19や農業従事者の高額な高性能農機具購入への消極的な姿勢などから、若干の落ち込みが予想されています。しかし、製造施設の再開、国際的な国境の開放、赤道地域の良好なモンスーン条件、政府による農業支援などにより、年末までに勢いが回復する可能性があります。世界各国の政府は、農業部門の成長を後押しするとともに、このパンデミックの影響に取り組むためにいくつかの対策を講じてきました。例えば、米国政府は、生産者へ直接支払う160億米ドルを含む190億米ドルの農業従事者向け救済プログラムを発表しました。

推進要因:農業ローンの免除、クレジットファイナンスによる政府の支援

農業ローン免除制度の実施は、農業従事者が農機具を購入することを奨励します。政府は農家をローンから解放し、農業の機械化を奨励するために世界中の地域でさまざまな計画を開始しました。たとえば、米国ファームサービス庁は、銀行、ファームクレジットシステム機関、またはその他の貸し手から商業クレジットを取得できない家族規模の農家に、保証付きの直接的な農場所有権と経営ローンを提供しています。金融庁の融資は、土地、家畜、設備、飼料、種子、および消耗品の購入にも使用できます。毎年、政府は農業部門を推進するためにさまざまな補助金に多額の資金を費やしています。トラクター、コンバイン、ハーベスターなどの農機具は高価であるため、限られた資金源でこれらの機器を購入することは農業従事者にとって困難です。そのため、政府は、農家が食糧の増産に必要な近代的な農機具の採用を奨励するため、補助金やクレジットの形で支援を増やしました。

制約要因:新興国における機器の高コスト化

研究開発の継続的な取り組みにより、複数の作業に対応できる先進的な製品が開発されています。先端機械には、特殊な製造・組立工程を必要とする複雑なメカトロニクスシステムが含まれています。これらの機器の設計、生産、流通には莫大な投資が必要であり、それが農家に提供される機械のコストに反映されています。小規模農家が多額の投資を行えないことが、発展途上国における農機具の普及率の低さの一因となっています。アジア・オセアニアなどの新興国の農家は、高価な機械への投資に消極的です。しかし、北米や欧州では、労働力の確保ができず、農作業費が高いため、農機具の採用が進んでいます。

市場機会:精密農業

農業業界は、人口増加に対応するために農産物を生産しなければならないという絶え間ないプレッシャーにさらされており、農家は事業の成長を促進するために効率性と生産性を重視する必要に迫られています。精密農業は、限られた資源でより多くの生産を望む農家の間で一般的になりつつあります。この農業技術は、地域横断的な食糧需要の増大という問題に対して効果的に取り組むことができます。また、この技術により、農家は作業効率を向上させて生産量を増やすことができ、農産物の供給と消費のギャップを最小限に抑えることができます。精密農業技術は、水、種子、土地、肥料、農機具などの資源の効率的な利用を促進し、その結果、全体的な収量と品質を向上させます。このように、精密農業の需要は、農家に生産性の向上を提供するため、OEMにとっての市場機会となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]