マイクロカプセル化の市場規模、2025年には155億米ドルに到達予測 研究開発資源の高コストが、市場成長の抑制要因に

マイクロカプセル化の市場規模は、2020年の85億米ドルから2025年には155億米ドルに達し、CAGR12.9%で成長すると予測されています。さまざまな業界におけるマイクロカプセル化製品の用途拡大、医薬品および農薬製品や機能性食品の需要拡大などが、市場の成長を牽引しています。

COVID-19 のマイクロカプセル化市場への影響

マイクロカプセル化市場には、Cargill、BASF、DSM、Ingredionなどの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、南米、中東の様々な国に製造施設を展開しています。このパンデミックの状況は彼らのビジネスにも影響を与えましたが、マイクロカプセル化製品のグローバルな運用とサプライチェーンに大きな影響はありませんでした。また、複数のメーカーの製造施設も現在は稼働しています。

推進要因:健康上のメリットがある栄養強化食品の需要増加

機能性食品や栄養強化食品・医薬品の需要の増加に伴い、マイクロカプセル化の需要が増加しています。マイクロカプセル化は、ミネラル、ビタミン、香料、エッセンシャルオイル、その他の添加物を食品に統合し、製品の機能性を高めるものです。製薬分野でも、マイクロカプセル化技術の影響を大きく受け、製造業者が利益を得ています。ペプチド、タンパク質、DNA・RNA分子などの他の有効成分も、医薬品分野でカプセル化され、付加価値の高い製品として市場の需要を満たしています。

抑制要因:基礎原料開発の競争

多くの市場参加者が様々な業界でマイクロカプセル化技術を採用していますが、市場を維持するためには継続的な研究開発が必要です。加工技術とともに研究開発資源のコストが高いことが市場の成長を妨げています。マイクロカプセル化材料の開発はカスタマイズされることがあり、パイロット規模ではなく工業規模で実施する必要があります。これは製品の加工コストを増加させ、最終的なコストの上昇につながります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]