旅客搭乗橋の市場規模、2025年には4億8900万米ドルに到達予測 乗客増加による大型航空機の需要や、インフラへの支出増加が牽引要因

旅客搭乗橋の市場規模は、2020年の2億7300万米ドルから2025年には4億8900万米ドルに達し、2020年から2025年までのCAGRは12.3%で成長すると予測されています。大型航空機への高い需要、グリーンフィールド空港プロジェクトやブラウンフィールド空港プロジェクトの増加、空港事業者によるエアサイドインフラへの支出の増加などの要因が、市場の成長を後押ししています。

COVID-19の旅客搭乗橋市場への影響

乗客搭乗橋市場には、主要プレーヤーであるThyssenKrupp AG(ドイツ)、John Bean Technologies(JBT/米国)、CIMC(中国)、FMT Aircraft AB(スウェーデン)、ADELTE Group(スペイン)などがあります。 JBTとCIMCは、米国とアジア太平洋地域で最大の市場シェアを持っています。これらのプレーヤーは、北米、欧州、アジア太平洋地域、中東、アフリカ、南米など、さまざまな国に事業を広げています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えました。それは、2020年の乗客搭乗橋の生産とサービスに7%から10%影響を与える可能性があると考えられています。

COVID-19のパンデミックは最終用途産業に悪影響を与え、2020年の旅客搭乗橋の受注と設置が急減しました。これは短期的には市場に悪影響を与え、2021年の第1四半期の間には回復が難しいと予想されています。航空や港湾などの最終用途産業は、COVID-19パンデミックの財政的影響から回復するのに2年から3年かかる可能性があり、旅客搭乗橋の調達量が以前の予測値よりも減少すると予想されます。

推進要因:大型機の需要が高い

乗客の増加により大型航空機の需要が高まっています。IATA(国際航空運送協会)によると、燃料費の上昇と経済の減速にもかかわらず、航空旅客の移動は過去20年間で平均5%の割合で成長しており、将来も同じペースで成長すると予測されています。 ICAOの年次世界統計によると、2018年の定期便の総乗客数は前年比6.4%増の43億人、2018年の出発数は3.5%増の3780万人に達しました。

現在、増加する乗客のトラフィックに対処するために、航空会社のいくつかは、1回の旅行でより多くの乗客を収容する大型航空機を購入しています。それは、ボーイング747-8やエアバスA380などの大型航空機です。超大型航空機(VLA)の納入数の増加に伴い、空港の搭乗ゲートは、1フライトのゲートごとに、より多くの乗客を収容しなければならなくなりました。乗客用階段を使用してすべての乗客に搭乗させるには時間がかかり、航空機のターンアラウンドタイムが長くなると、潜在的な収益が失われる可能性があります。乗客搭乗橋は、特に大型航空機の利用に対し、これらの問題に効率的かつ利便的に対応することで、市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]