電気オフハイウェイ車両市場:COVID-19の影響で開発投資削減も、排出ガス規制、最終用途部門の回復など、2020年以降の市場成長に期待

COVID-19パンデミック以前の状況における電気オフハイウェイ車両の市場規模は、2020年の63億米ドルから2025年には175億米ドル達すると予測されていました。しかし、現段階でOEMは新車開発や発売を遅らせています。世界的な金融減速を考慮すると、電気オフハイウェイ車両メーカーは、バッテリーやハイブリッドパワートレインシステムの搭載による車両への追加コストの上乗せを控えると予測されます。

また、COVID-19の影響が長期化すれば、OEMメーカーは、電動ショベル、電動ローダー、電動ダンプトラック、電動芝刈り機、電動トラクターなどの電動オフロード車関連の研究開発活動への投資を削減する可能性があります。軽自動車から普通自動車、大型自動車へのシフトが遅れ、世界的にEOHVの需要が減少する可能性があります。このシナリオは、この需要が自動車の生産に直接関連しているため、電気オフハイウェイ車両の市場に影響を与えると予想されます。

一方で、電動ショベルカー、電動ローダー、電動ダンプトラック、電動芝刈り機、電動トラクターのメーカーを含む複数のオフハイウェイ車OEMが2020年5月から生産を再開しています。中国では2月上旬から生産を開始しており、BYD AutoとXCMG Groupが国内の工場をフル稼働で再開しました。米国では、5月に一時的に生産を停止したJohn Deereなどの大手OEMが、2020年第3四半期までに生産を再開する見通しです。

オフハイウェイ車の排出ガス規制、新製品・先進製品の開発、2020年以降の最終用途部門の回復などが、今後数年間の電気オフハイウェイ車両の市場の成長を支えると予想されています。これらすべての要因を考慮すると、2020年から2025年までの世界の電気自動車販売台数は22.8%の成長が予想されます。

COVID-19 パンデミックの影響

2020年のオフハイウェイ産業は、COVID-19パンデミックの影響でマイナス3.3%の落ち込みが予想されています。COVID-19パンデミックは、メーカーによる工場操業のシャットダウンなど、オフハイウェイ機器を含む重機業界にかなりの影響を与えています。世界中のロックダウンの実施により、建設や鉱業のプロジェクトにも大きな影響が出ています。予定されているプロジェクトは、機器の販売にも影響を与える遅延が予想されています。市場の主要プレーヤーは、市場が再開した場合、安全対策のために生産レベルが低下することを認識しています。さらに、パンデミックの影響を受けている顧客の支出は少なくなります。

しかし、世界各地での生産設備の再開、収穫・植栽シーズン、デジタルサービスの活用による顧客支援、世界的な鉱山開放などにより、2020年度内にはオフハイウェイ機器市場は押し上げられると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]