鉄道用電池の市場規模、2030年には2億5500万米ドルに到達予測 中国は1250億米ドル投資で、主要都市の80%をカバーする3万キロの高速ネットワークを計画

鉄道用電池の市場規模は、2020年の1億4300万米ドルから2030年には2億5500万米ドルに達し、CAGR5.9%で成長すると予測されています。この成長は、新興国や先進国における急速な都市化などの影響を受けており、今後数十年間のインフラ支出の最大の推進力になると考えられ、鉄道拡張の需要を後押しすると予想されます。都市部の鉄道インフラにこれらの開発を取り入れることで、エネルギー貯蔵システムの需要につながると考えられており、鉄道用電池の需要を後押しすると予想されています。

COVID-19 の鉄道用電池市場への影響

COVID-19は鉄道部門に深刻な影響を及ぼしました。IEAによると、鉄道事業者は2020年1月から4月の間に、アジア太平洋地域で19億米ドル、欧州で25億米ドルの収益を失いました。また、ソーシャルディスタンス対策のため、鉄道車両の最大乗車率が低下し、衛生対策が増え、運営コストが上昇し、収益性が低下しています。インドでは、ロックダウン中に旅客列車の運行をすべて停止し、貨物列車の運行を60%まで縮小しました。ほとんどの地域で鉄道サービスが停止になり、鉄道用電池の需要は減少すると予想されます。

欧州では、貨物鉄道が、食品、石炭などの物資や医薬品、個人用保護具などの健康関連資材を各地へ輸送するための重要な輸送手段です。しかし、COVID-19パンデミックの間、全体の輸送量は大幅に減少しました。この影響で世界中の鉄道車両の受注が制限されたことが、鉄道用電池の需要に影響を与えました。一方で、ロックダウン解除後は、充電サイクルの不規則性やバッテリーの保守・交換のため、新しいバッテリーの需要が増加すると予想されています。

推進要因:鉄道網の拡大

輸送部門では、鉄道部門は汚染が最も少ない効率的な手段の一つです。例えば、中国は鉄道に、世界最高額の鉄道拡張ネットワーク投資額である1250億米ドルを投資し、2020年までに主要都市の80%をカバーする3万キロの高速ネットワークを実現する計画です。しかし、この計画はCOVID-19パンデミックの影響で遅れる可能性があります。また、米国は2019年、全国的な高速鉄道網に2400億米ドルを投資すると発表しました。さらに、高速鉄道の電化された列車の開発のために、2024年までの間、年間320億米ドルを支出することが追加で決められています。この開発には、交流車両、自動ドア、列車の照明、インフォテインメント、Wi-Fi サービスなどが含まれ考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]