CNG、RNG、水素タンクの市場規模、2025年には27億米ドルに到達予測 CNG車やインフラに対する税制優遇措置の強化が市場の成長を牽引

CNG、RNG、水素タンクの市場規模は、2020年の18億米ドルから2025年には27億米ドルに達し、CAGR8.1%で成長すると予測されています。CNG、RNG、水素燃料などの代替燃料車の需要は、厳しい環境規制、代替燃料に対する政府のインセンティブ、給油インフラの開発などにより、運輸業界からの増加が見込まれています。しかし、COVID-19の影響により、天然ガス自動車や燃料電池自動車の販売が減少しており、CNG、RNG、水素タンクの需要が減少しています。

COVID-19がCNG、RNG、水素タンク市場に与える影響

COVID-19は、天然ガスや燃料電池電気自動車の減少により、世界中のCNG、RNG、水素タンクの需要に悪影響を与えています。また、ロックダウンや旅行禁止令の影響でCNG、RNG、水素タンクのバルク輸送が減少しています。しかし、COVID-19の影響は短期的と考えられています。2021年の第1四半期に自然燃料の需要が増加し、続いてCNG、RNG、水素タンクの需要が高まると推測されます。

CNG車やインフラに対する税制優遇措置の強化

税制上の優遇措置は、APAC(アジア太平洋地域)や北米をはじめとする様々な地域で拡大・延長されています。例えば、米国オクラホマ州政府は2019年5月、圧縮天然ガス(CNG)車とその給油に適用される税額控除に関する法案を改正し、控除の対象期間を2020年1月1日から2027年12月31日まで延長することが承認されました。これにより、オクラホマ州は、自動車用天然ガスを最良の燃料オプションとして支援する点で、一貫して国をリードしていく姿勢を明らかにしました。需要を喚起し、燃費が良い車をターゲットにして、州とその有権者に経済的利益を提供することで、環境をクリーンに保つことができるようになります。さらに、2019年12月にはインド石油省がCNG車のGSTを現在の28%から5%に引き下げ、間接的にガス車人気を後押ししました。天然ガスはガソリンよりもCO2の排出量が25%少ないため、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らす事が可能です。そのため、各国では税制優遇措置を強化しており、CNGタンクの需要が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]