ハイブリッドトレイン市場、2020年の4904台から2030年には8389台に到達予測 ディーゼル列車からハイブリッド列車へのシフトで燃料費を50%削減

ハイブリッド列車の市場は、2020年の4904台から2030年には8389台に達し、CAGR5.5%で成長すると予測されています。ガソリン価格の高騰、交通渋滞、温室効果ガスの排出などの要因により、鉄道OEMは列車に従来の推進システム以外の方法を模索せざるを得なくなっています。

OEMは、水素燃料電池、電気電池、CNG、LNG、太陽エネルギーなどの代替燃料源を使用または組み合わせて、効率と排出基準を満たすハイブリッド列車の開発に取り組んでいます。天然資源の不足と燃料費の高騰により、ディーゼル列車から環境に優しい輸送手段へのシフトが進み、ハイブリッド列車の需要が増加すると考えられます。また、需要面では、鉄道事業者や貨物会社、政府機関などが、効率的で環境に配慮した運行を求める傾向が強まっています。多くの国が、温室効果ガスの排出源である在来型ディーゼル列車の廃止を発表しています。

COVID-19がハイブリッド列車市場に及ぼす影響

COVID-19パンデミックは、ハイブリッド列車市場に深刻な影響を与えると予想されます。エコシステム全体が混乱しているため、新型鉄道車両の生産・販売ともに停止しています。OEMはロックダウンが解除されるまで、生産の再開を待たなければならず、ビジネスにも影響がでました。パンデミック後、人々は公共交通機関を避け、人混みを避けるために自家用車を好むようになり、鉄道の新規需要は大幅に減少すると推測されます。また、部品製造も停止しており、小規模なTierII、TierIIIメーカーは資金繰りの問題に直面する可能性があります。鉄道業界は資本集約度が高く、事業を継続するために頻繁な資金調達を行っています。パンデミック発生時の生産停止とパンデミック後の需要減少は、ハイブリッド鉄道事業者に前例のない影響を与えることになります。

推進要因:エネルギー効率が高く、汚染の少ない列車運行に対する需要の高まり

各国の政府による排出基準の厳格化により、鉄道メーカーは、極力、環境汚染の原因になりにくい列車を採用することを余儀なくされています。そのため、Alstom、Bombardier、Siemens、Wabtecなどの企業は、代替燃料を搭載した列車に投資しています。

さまざまな貨物会社がハイブリッド列車に関心を持ち始め、燃料とメンテナンスのコストを節約することで運用コストを削減しています。総所有コスト(TCO)は貨物業界において重要な意味を持っており、利益率に影響を与えます。従来のディーゼル列車を使用した長距離輸送は、燃料費が高くなります。一方、電化、燃料電池、CNG、LNGのハイブリッド列車を使用することで、従来の燃料費をほぼ50%削減することができます。鉄道のモーダルシェアを増やすことは、輸送における再生可能エネルギーの利用を増やし、温室効果ガス(GHG)排出量を削減する費用対効果の高い方法と考えられています。これらの利点が、ハイブリッドトレイン市場の成長を牽引すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]