磁気センサーの市場規模、2025年には62億米ドルに拡大見込み メーカー間の激しい競争による価格の下落が課題に

磁気センサーの市場規模は、2020年の43億米ドルから2025年には62億米ドルに達し、CAGR7.7%で成長すると予測されています。メーカーによる3D磁気センサー生産の注力と、磁気センサーエコシステムへの投資の増加が、市場の成長を牽引する要因となっています。

COVID-19の磁気センサー市場への影響

COVID-19の発生と蔓延は、磁気センサーのバリューチェーンを運営するプレーヤーに大きな影響を与えています。世界的なスマートフォン需要の増加は、磁気センサー市場の成長を加速する重要な要因の一つです。しかし、COVID-19の拡散を抑制するために各国政府が課したロックダウンにより、スマートフォンの販売台数が大幅に減少し、市場の成長に影響を与えています。また、ロックダウンは磁気センサーの生産にも影響を与えています。各国のGDPと個人一人当たりの所得にも影響を及ぼしています。可処分所得の減少により大衆の購買力が低下し、市場全体の成長が縮小しています。

推進要因:磁気センサーエコシステムへの投資の増加

自律走行車などの先進的なアプリケーションにおける磁気センサーの採用増加が、磁気市場の成長に拍車をかけると予想されています。これらのシステムに使用される磁気センサーは、高効率、高精度、高信頼性、堅牢性、シンプルな設計が特徴です。磁気センサーメーカーは、3Dセンシング、トンネル磁気抵抗(TMR)、巨大磁気抵抗(GMR)などのさまざまな磁気センシング技術への投資を増やしており、専門性の強化、ならびに市場での地位確立に努めています。さらに、これらのプレーヤーは、最終用途市場のニーズに対応するため、より新しい製品を導入することにより、磁気センサー製品のポートフォリオを拡大しています。

抑制要因:激しい価格設定圧力

自動運転車、家電製品、ヘルスケア機器など、先進アプリケーションにおける磁気センサーの普及により、センサーの出荷量が増加する一方で、価格の下落により売上高の伸びが大きく抑制されています。これは、センサーメーカー間の激しい競争によります。企業は、MEMSや3Dセンシング技術を用いて製造された、位置、速度、角度センサーなどの既存の磁気センシング技術に対して、費用対効果の高いソリューションを研究、開発しています。積極的な活動は、新しいポータブル、コンシューマ、および IoT アプリケーションの技術革新につながり、高容量アプリケーションの価格設定に圧力をかけます。その結果、メーカーは磁気センサーの潜在的な価格を下げざるを得なくなります。この価格の低下は、磁気センサー市場での収益成長を阻害するだけでなく、サプライヤーの利益率を低下させます。市場で事業を展開する企業にとっての主な課題は、製造能力の向上、製品の品質向上、および全体的な製造コストの削減です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]