位置センサーの市場規模、2025年には73億米ドルに到達予測 位置磁石、検出ロッド、LEDなど、多数のコンポーネントを使用する高い所有コストが抑制要因

位置センサーの市場規模は、2020年の47億米ドルから2025年には73億米ドルに達し、CAGR9.2%で成長すると予測されています。市場の成長を牽引する主な要因としては、正確な測定と詳細な検査に対するメーカーの注力、航空宇宙産業における位置センサーの採用の増加、最新の自動車に搭載する位置センサーの需要の高まりなどが挙げられます。

COVID-19の位置センサー市場への影響

COVID-19パンデミック後、位置センサーが使用されるエンドユーザー産業は、中国、イタリア、ドイツ、英国、米国、スペイン、フランス、インドなどのさまざまな国で2020年1月から5月にかけて成長が鈍化しています。同業界の企業の収益が大幅に減少し、2020年の位置センサー市場の成長に影響を与えています。ただし、中国、ドイツ、フランスなど一部の国では、パンデミックの混乱から徐々に回復しており、2021年度以降は市場の成長が加速すると見込まれます。

推進要因:正確な測定と詳細な検査に対する注目度の高まり

製造業では、業界標準に準拠するために高度な精度が求められます。メーカーは高品質な製品を生産するために、測定精度と詳細な検査という2つの重要なパラメーターを重視しています。プロファイル、幅、高さ、段差、ギャップ、Vギャップ、エッジ、角度、ベンド、溝、表面は、位置センサーが測定する重要なパラメーターの一部です。これらのセンサーは、異なる物体表面のプロファイルを検出、測定、評価することができ、HVACシステム、輸送システム、産業用機器、移動式油圧機器、スマートビル、大型機械、建設機械など、さまざまな産業用アプリケーションに採用が可能です。位置センサーを解析ソフトウェアと統合すると、多くの測定作業が容易になります。このように、位置センサーは、自動化、テスト、または監視プロセスのために、変位、距離、長さ、位置パラメーターなどの測定に役立ちます。

抑制要因:高い所有コスト

位置センサーは、位置磁石、検出ロッド、電子機器の筐体、診断用発光ダイオード(LED)、コネクターなどの複数のベンダーから提供されている多数のコンポーネントを使用して製造し、組み立てが行われます。収益性は、主に原材料や部品の入手可能性とコスト、および最終製品を市場に投入するまでの時間に左右されます。このセグメントで事業を展開している企業にとっての主な課題は、製造能力を高め、高品質の製品を提供し、全体的な製造コストを削減することです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]