ポリウレタンフォームの市場規模、2025年には543億米ドルに到達予測 建物の断熱材用途での使用は市場の大きな原動力に

ポリウレタンフォームの市場規模は、2020年の378億米ドルから2025年には543億米ドルに達し、2020年から2025年までCAGR7.5%で成長すると予測されています。市場の成長の主な理由には、インド、タイなどの新興国で寝具・家具、電子機器、自動車、建築・建設などの最終用途産業が成長している事が含まれています。省エネルギーと汎用性の利点により、建物の断熱材用途でポリウレタンフォームを使用する事は、市場成長の原動力となっています。

COVID-19のポリウレタンフォーム市場への影響

COVID-19のパンデミックによる影響は、2020年のポリウレタンフォームの様々なバリューチェーンに反映されると予測されます。COVID-19のさまざまな影響は次のとおりです。

原材料への影響:世界各地でCOVID-19のロックダウンが実施され、2020年3月から6月にかけてMDIの需要が大幅に減少しました。アジア太平洋地域の主要バイヤーは、事前注文をキャンセルしたり、購入を遅らせたりしました。欧州地域では、自動車向けポリウレタンフォームの需要が低迷し、欧州のMDI需要減少の主な要因となりました。

また、COVID-19の発生と蔓延により、世界の主要地域ではTDIが不足しています。ほとんどのポリウレタン企業が操業を停止し、多くの国が港を封鎖して製品の移動ができなくなっています。このため、TDIの受注のキャンセルが発生しています。

ポリウレタンフォームメーカーへの影響:COVID-19発生の影響により、欧州ではウレタンフォームの生産工場の大半が閉鎖または操業停止となっています。

最終用途産業への影響:COVID-19の建設産業への影響は、世界各地で地域によって異なると推定されています。欧州では、2020年に建築・建設業界は60%から70%縮小すると予測されています。しかし、アジア太平洋地域の、特に中国では、建設業や自動車産業が通常の活動を再開しているため経済は改善しています。

COVID-19発生の影響を受けるその他の最終用途産業は、自動車産業と寝具・家具産業です。2020年5月までは、COVID-19の蔓延により、欧州のほとんどすべての自動車工場が閉鎖されていました。一方、中国ではすべての自動車生産施設が再開されています。

寝具・家具業界の場合、マットレスや家具業界にサービスを提供するウレタンフォーム製造工場は2020年4月に30%から90%の生産量削減が報告され、欧州のほとんどの地域で小売業が閉鎖されました。マットレスと家具のオンライン販売は増加していると報告されていますが、需要の大幅な減少を補うほどのものではありませんでした。

推進要因:エネルギー節約のための断熱材としての利用

ポリウレタンフォームは、断熱材、接着剤、シーリング材、バインダーなどに使用され、様々な建築製品に使用されています。ポリウレタンフォームは柔軟性に優れた素材であり、建築物のエネルギー消費を最小限に抑えることで、インフラの総コストを削減するのに役立ちます。建築家にとって、建物の断熱性を高めることができる素材であり、建物内のガス・石油・電気の消費量を削減することができます。このため、建物の断熱用途にポリウレタンフォームの使用が増えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]