ジオマーケティングの市場規模、2025年に325億米ドルに到達予測 個人情報盗難のリスク回避のため、位置情報データの使用、処理、保持に関する取り決めが必要

ジオマーケティングの市場規模は、2020年の107億米ドルから2025年には325億米ドルに達し、CAGR25.0%で成長すると予測されています。クラウドサービスに対する需要、顧客や訪問者と通信するためのロケーションベースの情報に対する需要、およびロケーション分析とビッグデータを使用した潜在的な市場と顧客に関する情報の生成などが、市場の成長を牽引しています。

COVID-19がジオマーケティング市場に与える影響

COVID-19の発生により、実店舗からデジタル店舗へ大規模な売上の移転が進み、様々な業界で消費者による大規模なデータの使用が見られるようになりました。各企業は、世界規模で発生している消費者の買い占め欲求やステイホームのガイドラインに対応するために、テクノロジーの強化を続けています。企業は、デジタルメディアを通じて広告・マーケティング戦略を採用し、顧客に必要なインフラや技術サポートをすべて提供することで、生産性の低下を最小限に抑えることに成功しています。これらの方法で、企業は、ジオマーケティングソリューションをより多く利用し市場の成長につなげています。

推進要因:デジタルマーケティングへの投資の拡大

デジタルトランスフォーメーションの台頭に伴い、企業は従来のツールではなく、デジタルマーケティングツールに移行し始めています。印刷物やテレビなどの従来のマーケティングツールは、デジタルマーケティングツールに比べてコストが高く、生産性が低くなります。対象を絞った調査と分析により、組織はデジタルマーケティングチャネルを通じて有益なアプローチを決定できます。

抑制要因:法的懸念とデータプライバシーの脅威

市場は消費者データを吸収し、さらなる分析と使用のために保存します。一方で、その誤用は、組織と顧客の両方に深刻な法的影響を及ぼす可能性があります。企業によるデータの利用を成功させるためには、位置情報データの使用、処理、保持への対応が含まれた契約をかわす必要があります。さらに確実な契約では、位置情報の使用が政府の法律に違反しないことを確認する必要があります。サイバー攻撃の増加は、消費者とベンダーの心配の原因となり得ます。その理由は、情報が安全に維持されていない場合、データプロファイルの収集が行われるたびに、個人情報の盗難リスクが増大するからです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]