飲料マルチパック用収縮プラスチックフィルムの市場規模、2025年には30億米ドルに到達予測 中国やインドを中心としたアルコール消費の増加が市場の成長を牽引

飲料マルチパック用収縮プラスチックフィルムの市場規模は、2020年の25億米ドルから2025年には30億米ドルに達し、CAGR3.5%で成長すると予測されます。消費者間の加工・包装された飲料製品への需要の高まりが、市場を牽引すると予想されます。ヨーロッパ地域は、パッケージ化された水を利用する人が多いため、市場を支配する状況にあります。一方、アジア太平洋地域では、ミレニアル世代で、飲料水と炭酸飲料の両方に対し、包装された飲料製品への需要があるため、市場の急速な成長が予測されています。

推進要因:アルコール消費量の増加

世界的な傾向として、一人当たりのアルコール消費量が増加しています。この傾向は、主に中国とインドにおけるアルコール消費の増加に牽引されており、これらの国ではアルコール産業による積極的なマーケティングと所得の増加により、マルチパックの市場にプラスの影響を与えています。

世界人口の大幅な増加と可処分所得の増加は、ビールなどのアルコール飲料の消費に影響を与える主な要因となっています。また、アルコール飲料メーカーが採用している商品開発や流通チャネルの強化、オンラインストアなどの購入チャネルの採用も推進要因となっています。また、若者の可処分所得の増加に伴う一人当たり所得の増加が、アルコール飲料の消費を押し上げています。

制約要因:COVID-19による原材料の入手困難

収縮プラスチックフィルムの需要の増加により、バージンプラスチックの需要も供給を上回っています。中国、米国、ドイツのプラスチック工場の生産が滞っているため、供給が制限されています。また、米国のプラスチック産業のサプライチェーンにおいて、中国は重要な役割を果たしています。中国の工場閉鎖に伴い、2月の貨物量は23%減少しており、包装業界に大きな打撃を与えています。サプライチェーンの滞りによる圧力は、包装用インクとコーティング剤にも影響を与えており、原材料が入手できず、価格が急速に上昇しています。

市場機会:パッケージ飲料の消費量の増加

そのまま飲める飲料の需要の増加に伴う消費パターンの変化が、重要な市場機会となっています。消費者は、健康的かつ安全な、持ち運びに適するパッケージ飲料の使用を好みます。彼らは、長期的な保存に便利な、軽量で持ち運びやすい飲料マルチパックを求めています。さらに、消費者は環境に優しい包装ソリューションを求めています。収縮フィルム包装は、クライアントの要求に応じた、すべての機能を兼ねそろえたソリューションを提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]