表面消毒剤の市場規模、2025年には36億米ドルに成長予測 化学消毒剤の持つ毒性が抑制要因に

表面消毒剤市場は、2020年の31億米ドルから2025年には36億米ドルに達し、CAGR3.0%で成長すると予測されています。市場の成長を牽引する主な要因は、院内感染(HAI)の増加と表面消毒剤の使用に関する厳しい規制の存在が挙げられます。

COVID-19が世界の表面消毒剤市場に与える影響

COVID-19パンデミックは世界中の医療システムに混乱をもたらし、病院は大混乱に陥っています。また、発病の増加に対応するために臨時の病院が設置されています。衛生、健康、安全に対する意識の高まりは、洗浄・消毒製品の需要の急増に拍車をかけています。医療費の増加と一時的な病院の数の増加は、防腐剤と消毒剤の需要と普及を促進する主な要因の一つです。

牽引要因:HAIsの高い有病率

医療関連感染(HAI)とは、患者が入院する時点では観察されず、病院や関連施設に滞在している間に発生する院内感染症のことです。これらの感染症には、中心線関連血流感染症、手術部位感染症、カテーテル関連尿路感染症、院内肺炎、人工呼吸器関連肺炎、クロストリジウムディフィシル感染症などがあります。HAIsの発生率は、主に患者の免疫状態、感染管理の実践、医療施設周辺の様々な感染性物質の蔓延に依存します。HAIの蔓延リスクと直接的な相関関係がある、高齢者人口、慢性疾患の発生、入院率などの増加は、表面消毒剤の需要を後押しします。

市場機会:新興国におけるヘルスケア産業の成長

インド、ブラジル、中国、南アフリカなどの新興国は、表面消毒剤市場のプレーヤーに大きなチャンスを提供しています。IMFによると、2016年に、これらの新興国は、世界のGDPの60%以上を占めました。これらの経済圏における医療サービスは、急速に増加する高齢者人口や患者数、および一人当たりの所得、ならびに健康に対する意識の高まりによって推進されています

抑制要因:化学消毒剤の副作用

現在市場に出回っている化学消毒剤のほとんどは、毒性を持っています。例えば、次亜塩素酸ナトリウムは、血液を媒介する病原体に対して効果的な治療法ですが、非常に腐食性が高く、呼吸器系の刺激物であるため、清掃員や建物の居住者にとって危険であり、皮膚に損傷を与え、環境に放出された場合には有毒になります。これらの消毒剤の不適切な使用は、環境に害を及ぼし、それらにさらされた患者に害を及ぼす可能性があります。より環境に優しい予防法を求めるエンドユーザーの人口が増加しているため、消毒剤の使用は限られた非重要なアイテムとして制限され、使用量も少なくなってきています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]