住宅用空気清浄機の市場規模、2025年には136億米ドルに到達予測 高効率粒子状空気フィルターを利用した高性能ユニットが注目

住宅用空気清浄機の市場規模は、2020年の92億米ドルから2025年には136億米ドルに達し、CAGR8.2%で成長すると予測されています。同市場の成長は、スマートホームの人気の高まり、大気汚染を制御するための政府規制、大気汚染監視のための官民資金の増加、世界的な大気汚染レベルの上昇、大気汚染による健康や環境への影響に対する国民意識の高まりが主な要因となっています。また、エネルギー効率の高い空気清浄機の必要性と、革新的な製品を市場に投入するための研究開発が行われていることも、市場の成長を後押ししています。しかし、これらの製品の高額なコストと、空気品質モニタリング製品に関連する技術的な課題が、市場の成長を抑制すると予想されます。

COVID-19 の住宅用空気清浄機市場への影響

COVID-19の発生は、空気清浄機メーカーに大きな収益機会をもたらしました。密閉された空間でのウイルスの拡散を最小限に抑えるために、高効率粒子状空気(HEPA)フィルターと活性炭技術からなる高性能ユニットが注目されています。COVID-19ウイルスの大きさは約1.2ミクロンと推定されており、プレミアム高性能空気清浄機は1ミクロンまでの粒子を除去することができます。そのため、メーカー各社は、今回のパンデミック下でもより良い室内環境を提供できるとの自信を示しており、今後も需要を維持していくことが期待されます。

COVID-19を契機に空気清浄に対する消費者の意識の高まりは、空気清浄機メーカーにとって販売拡大の好機となっています。一部の企業では、HEPAフィルター、光触媒式浄水器、活性炭式浄水器、イオンフィルターなど、さまざまな技術を駆使して、空気清浄機の生産量を増やしています。

インドでは、パンデミック発生当初、国家的なロックダウンやソーシャルディスタンスの規範が発動される前に、ウイルスへの予防策として、空気清浄機の需要に増加がみられました。また、空気清浄機の中には、H1N1などのウイルスに対応した抗菌・抗ウイルスフィルターを搭載したものもあり、更なる需要拡大が期待されています。

世界的なロックダウンは、空気清浄機業界に大きな打撃を与えました。サプライチェーンの混乱や、必需品の配送を優先したオンラインチャネルにより、市場の小売店やオンライン販売が足踏み状態となり、家庭用空気清浄機の販売は停止しました。しかし、メーカーはこの間の需要創出のために、業務用エンドユーザーに販路を求めました。こうしたサプライチェーンの混乱はあったものの、世界の空気清浄機メーカーは、ロックダウンの規制が緩和された後、生産と貿易の規制に対応するため、既存の在庫を使って出荷を始めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]