食品用ガス市場、2020年から2025年までのCAGRは6.7%で成長予測 インスタント食品や炭酸飲料への需要が、市場の成長を加速

食品用ガス市場は2020年の67億米ドルから2025年には93億米ドルに達し、CAGR6.7%で成長すると予測されます。インスタント食品や炭酸飲料への需要が、市場の成長を加速しています。さらに、食品業界における新製品の導入や包装技術の進歩により、様々な用途で食品用ガスのニーズが高まっています。

推進要因:地域で増加する地ビール醸造所

二酸化炭素はビールの炭酸化に利用され、ビールの腐敗を防ぐと同時に、キレや味わいを醸し出します。大規模な醸造所では、発酵過程で発生する二酸化炭素を回収するCO2回収装置を醸造所内に設置するのが一般的です。2017年のヨーロッパのビール生産量は8年ぶりの高水準に達しました。独立系ビールや地ビールメーカーの増加が、市場の成長に貢献しています。

制約要因:品質基準を満たすための厳しい政府規制

北米や欧州のほとんどの国では、製造および冷蔵プロセスでの腐敗や汚染から食品を保護するための法律が施行されています。そのため、各国では消費者の健康問題を検査する機関を設置し、使用されている材料にも検査を行い、食品・飲料事業の安全を確保しています。また、法律により、飲料メーカー向けに供給される、ガスシリンダー、バルブ、バルブガードなど一式には、製品追跡用ラベルを貼ることが義務付けられています。食品用ガスメーカーは、これらの法律を遵守する必要があります。

市場機会:増え続ける食品・飲料の新製品開発

消費者は、健康的かつ便利で自然な、持続可能食品を求めています。これに伴い、食品・飲料メーカーは新製品や革新的な製品の開発を余儀なくされています。新製品、新品種ラインの拡充、新包装、新配合は、食品・飲料メーカーが進んで採用するマーケティング戦略です。新製品の発売が増えるにつれ、これらの製品の包装や保管の必要性が高まります。食品用ガスの使用は、メーカーにとって重要な市場機会となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]