環境試験の市場規模は2020年の83億米ドルから2025年には121億米ドルに到達予測 高度な検査技術に対する高コストが市場の抑制要因

環境試験の市場規模は2020年の83億米ドルから2025年には121億米ドルに達し、CAGR7.9%で成長すると予測されています。産業界における試験と認証に対する需要が市場を牽引すると予想されます。北米地域は、技術的な適応性と地域の主要プレーヤーの存在により、市場を支配します。アジア太平洋地域は、厳格な法律による需要の拡大により、最も急速に成長すると予測されています。

促進要因:環境保護に関する規制の強化

環境規制は、特に空気中の浮遊粒子の削減を通じて、病気を回避し、命を救うという点で大きな利益をもたらしてきました。そして、規制前は最も汚染されていた地域で、大気や水質を大幅に改善してきました。政府機関が定めた規制や法律がきっかけとなり、環境サンプルの試験、検査、認証が行われるようになりました。規制機関は、汚染物質や環境サンプルの検査、サンプリング、検査サービスを規制するためのガイドラインを導入しています。これらの機関は、環境の安全を確保し、汚染された環境による健康リスクを低減するために、意識を喚起し、試験仕様を設定するための様々なプログラムを導入しています。

制約要因:正確で高度な分析試験のための高コスト

コストが高く、試料の準備が広範囲に及ぶため、ラボのアナリストは高度な検査技術を使用する必要があります。既存の幅広い検査方法と、環境試料の検査を実施するための高度な技術の導入により、環境検査に効果的な変化がもたらされました。液体クロマトグラフィー、高速液体クロマトグラフィー、分光分析は、環境試験に使用される高度な技術です。これらの技術は、感度が高く、正確で、効率的です。一方、装置のコストが高く、大規模なサンプル前処理、キャリブレーションの問題が、市場成長の阻害要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]