超高分子量ポリエチレンの市場規模、2020年の14億米ドルから2025年には22億米ドルに到達予測 ヘルスケアおよび医療部門は最も高いCAGRで成長

超高分子量ポリエチレン(UHMW PE)の市場規模は、2020年の14億米ドルから2025年には22億米ドルに達し、CAGR9.4%で成長すると予測されています。市場の主な推進力には、航空宇宙及び防衛産業からのUHMW PEの需要と整形外科のインプラント用の需要があります。さらに、従来の繊維と比較して屈曲疲労、振動減衰、耐摩耗性に高い、柔軟で軽量な、防護用あるいは弾道保護用繊維が求められています。今後、代替品を入手できるかどうかはメーカーにとっての課題となっております。

形状別では、シート部門が市場をリード

形状別では、シート部門が最大のシェアを占めると推定されています。これは、主に機械設備業界におけるUHMW PEシートの広範な用途に起因しています。同部門はまた、ヘルスケアおよび医療用産業からの需要の増加により、高いCAGRで成長すると予想されています。缶やボトルなどの大量のコンテナをコンベヤや生産ラインに沿って移動させる食品生産ユニットでも、シートの需要が高くなっています。これらのシートは吸湿率が低いため、海洋用途で使用されています。UHMW PEは、動作温度が低いため、極低温部品に使用されています。

最終用途産業別には、ヘルスケア・医療部門は最も高いCAGRで成長

ヘルスケアおよび医療業界によるUHMW PEの需要の増加は、地域全体の市場を牽引すると予想されます。膝と股関節の手術を受ける人々の年齢層の低下により、UHMW PEの需要は増加しています。UHMW PEは、生物学的安定性、生体適合性、靭性、高耐クリープ性、低摩擦、低摩耗など、あらゆる医療用インプラント材料の基本要件を備えています。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も高い成長を報告

医療セクターの発展のための継続的な投資により、アジア太平洋地域は最も急速に成長する市場と予想されています。UHMW PEは、その特性から整形外科プラントで主に使用されています。アジア太平洋地域の医療産業の成長は、UHMW PEの需要の増加につながる理由の1つです。UHMW PEは、機械設備でも多く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]