航空機座席の市場規模、2020年の41億米ドルから2026年には58億米ドルに到達、軽量素材のキャビンシートへの導入で燃料費削減に成功

航空機座席の市場規模は、2020年の41億米ドルから2026年には58億米ドルに達し、CAGR5.8%で成長すると予測されています。IFECシステムを搭載したシートの需要拡大、プレミアムエコノミーシートの増加、既存航空機のメンテナンス・改装など、様々な要因によって市場は牽引されています。

COVID-19の航空機座席市場への影響

航空機座席市場には、主要プレイヤーであるSafran (Zodiac Aeropsace) (フランス)、Collins Aerospace (米国)、Geven S.p.A. (イタリア)、RECARO Aircraft Seating (ドイツ)、HAECO (香港)が含まれています。これらのプレイヤーは、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、南米を含む様々な国で事業を展開しています。COVID-19パンデミックは彼らのビジネスにも影響を与えています。COVID-19の影響で2020年には世界全体で7%から10%近くまで、航空機座席生産とサービスに影響を与える可能性があると考えています。

COVID-19がヨーロッパ、米国、アジア太平洋地域で急速に広まったことにより、世界的に航空機用座席の需要が大幅に減少し、それに伴った様々な航空機用座席サプライヤーやMROサービスプロバイダーの収益も減少しています。一方、同市場の需要は2022年までに完全に回復すると予想されています。

推進要因:既存機の整備・改造

世界中の航空会社が座席やその他サービスで快適さを提供しようと努力しているため、既存の航空機にはIFECシステムによる、機内エンターテインメント、ライブストリーミングやオンラインショッピングのための機内接続など、先進的なサービスが搭載されています。ほとんどの航空会社は、時代遅れの古いシートを、高度で軽量な素材を導入した新しいシートにアップグレードしています。さらに、ほとんどのビジネスジェットの所有者はキャビンシートをパーソナライズしており、企業はキャビンシートのカスタマイズのための膨大なデザインと材料を提供しています。キャビンシートのアップグレードは、シートコンポーネントを最新の軽量素材で構成するため、費用を軽減するのに役立ちます。運行費の35%から50%が燃料費であるため、アップグレードプロジェクトに取り組むことで、航空会社はコストを削減し、競争力を維持しています。

抑制要因:新興国における高収益な航空会社の不足

米国のような先進国は、2008年以降、ミッドウェスト航空、フロンティア航空、ノースウェスト航空、エアトラン航空、アメリカン航空の5大航空会社が全体の利益を高めるために事業を統合し、航空機の座席市場を支配しています。また、米国は原油安、財政金融政策、民間部門のデレバレッジ政策の恩恵を受けており、安定した労働市場とともに世界的な地位を確立しています。さらに、個人消費の割合が高く、航空券需要の増加につながっています。新興国の航空産業は巨大な成長の可能性を秘めています。しかし、高収益な航空会社の不足により、その潜在力が活用されていないのが現状です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]