インタラクティブディスプレイの市場規模、2020年の90億米ドルから2025年には132億米ドルに到達予測 小売店のタッチスクリーン技術が牽引要因

インタラクティブディスプレイの市場規模は、2020年の90億米ドルから2025年には132億米ドルに達し、CAGR8.1%で成長すると予測されています。市場の成長は、ゲーミフィケーションやデジタル教室の需要拡大、小売部門におけるインタラクティブディスプレイの採用拡大、ディスプレイの価格低下、インタラクティブ製品の入手の容易さ、学習、プレゼンテーション、サイネージ、ウェイファインディング、発券などの様々なアプリケーションにインタラクティブディスプレイを使用することによるエンドユーザーの利便性の向上など、いくつかの要因に起因します。

COVID-19のインタラクティブディスプレイ市場への影響

インタラクティブディスプレイ市場には、Samsung Electronics(韓国)、LG Display(韓国)、NEC(日本)、Panasonic(日本)、Leyard Optoelectronic(Planar)(中国)、Sharp(Foxconn)(日本)、Elo Touch Solutions(米国)、Crystal Display Systems(英国)、ViewSonic(米国)、Horizon Display(米国)などの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)の様々な国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも多大な影響を与えました。例えばNECは、このCOVID-19パンデミックの状況下で、AIを活用したワクチン開発、お客様の事業継続、行政・医療機関からの情報提供など、さまざまな支援を行ってきました。マルチモーダルバイオメトリクスシステム、タッチレスタッチポイント、サーマルスクリーニングソリューション、NEC iQuarantineなど、顔認証・虹彩認証技術を活用した様々なタッチレス・衛生ソリューションを提供しています。

促進要因:小売店でのインタラクティブディスプレイの採用拡大

インタラクティブディスプレイは、小売業において重要性を増しています。インタラクティブディスプレイは、POS(Point of Sale)システム、キオスク、ATM、デジタルサイネージなど、さまざまな小売アプリケーションで使用されています。多くの小売業者は、消費者を引き付け、ビジネスを拡大するためにタッチスクリーン技術を採用しています。また、この採用により、ユーザーの利便性を高め、より良いショッピング体験を提供することができます。

抑制要因:タッチテーブルのカスタマイズのために発生した高コスト

インタラクティブディスプレイ製品の中でも、タッチテーブルとも呼ばれるインタラクティブテーブルは、ホスピタリティや教育分野で大きな成長が期待されています。この製品は高い成長性を持っていますが、価格の高さや入手が容易でない事などの要因が、この製品の主な抑制要因となっています。インタラクティブテーブルの需要は、そのほとんどがニーズや環境に応じてカスタマイズされたものであるため、カスタムメイドのタッチテーブルを毎回生産することは非常に困難であり、高コストになります。

市場機会:インタラクティブホワイトボードへの人工知能の統合

技術の急速な進歩により、企業は製品にさまざまな追加機能を提供するための改革に注力しています。企業の研究者は、新しい技術を従来のインタラクティブホワイトボードに統合して、ユーザーフレンドリーでインタラクティブな研究に焦点を当てています。人工知能(AI)はそのようなテクノロジーの1つであり、インタラクティブホワイトボード市場が成長する機会を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]