導電性インクの市場規模、2020年の30億米ドルから2025年には37億米ドルに達しCAGR4.1%で成長予測 デバイスの小型化が促進要因に

導電性インクの市場規模は、2020年の30億米ドルから2025年には37億米ドルに達し、CAGR4.1%で成長すると予測されています。市場の成長は、電子産業分野での導電性インクの使用が増加していることに起因していると考えられます。

COVID-19 導電性インク市場への影響

導電性インク市場には、DowDuPont、Henkel AG & Co. KGaA、Heraeus Holding GmbH、Johnson Matthey、Poly-Ink、Sun Chemical Corporation、NovaCentrixなどの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、北米、南米、中東・アフリカなど様々な国に製造施設を展開しています。COVID-19は、これらのサプライヤーのビジネスにも影響を与えています。

これらの企業は、COVID-19 パンデミック時に、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、従業員の安全確保などのため、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインでの生産停止を発表しています。その結果、2020年には導電性インクの需要は減少すると予想されています。メーカーは生産調整を行い、Tier 1メーカーの需要に応じて生産計画を立てると思われます。

促進要因:高効率化とデバイスの小型化への需要

世界各国の政府は環境規制を課しており、あらゆるデバイスに使用される重量物を軽量な先端材料に置き換えることで、その使用量を削減することを産業界に奨励しています。これに伴い、消費者のエレクトロニクスの小型軽量化への傾向は、家電製品の小型化への需要を高めています。機能特性の向上、材料投入量の削減、省エネルギー化のために軽量化構造が採用されています。導電性インクは、効率性、効果性、信頼性が高く、電子部品の軽量化を図るために、従来のワイヤや回路配置に代わるものとして広く使用されています。

導電性インクの使用は、材料密度の低減、部品の軽量化、容易な取り扱いなどの特性があります。小型化・高効率デバイスへの需要に対応するための導電性インクの利点は、市場の主要な推進力となっています。

抑制要因:ハイエンド技術の要求

導電性インクは、銀や銅などの異なる種類の金属を取り入れるか、炭素粒子を使用して製造されます。炭素粒子は、低コストで適切な技術的特性を提供するため、多くの用途で好まれています。他の金属と比較して、カーボンインクは、導電性が比較的低く、信頼性が低くなります。炭素粒子を使用している間は、直接伝導度を得るには硬化させるしかありませんが、これは複雑で高価なプロセスです。

導電性インク市場の成長を抑制する主な要因は、機械的耐久性を提供するために必要なポリマーとの化学的適合性の欠如です。さらに、導電性インクの長期安定性を付与できる技術を開発する必要があります。これは、必要な技術が高価であるため、主にナノ粒子インクが直面している課題です。新たな用途の出現により、特殊な印刷プロセスにおける導電性インクの使用を最適化する必要性が高まっています。

こういった短所にもかかわらず、イノベーションと研究開発活動への注目度は高まっており、将来的にコスト効率が高く信頼性の高い技術の開発が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]