超薄型ガラスの市場規模、2025年には143億米ドルに到達予測 タッチパネルディスプレイ用途が市場を牽引

超薄型ガラスの市場規模は、2020年の78億米ドルから2025年には143億米ドルに達し、CAGR13.0%で成長すると予測されています。市場は柔軟性の高い材料の需要により成長しています。しかし、世界的なCOVID-19パンデミックの影響で、2020年に市場は縮小すると予想されています。

厚さ0.1mmから0.5mmの超薄型ガラスが市場を占める

厚さ0.1mmから0.5mmの超薄型ガラスは、タッチパネルディスプレイ、指紋センサー、半導体基板、車載インフォテインメントシステム、バイオテクノロジーデバイスなどに応用されています。この超薄型ガラスは、平らで表面が滑らかで耐熱性に優れ、スマートフォンやタブレット、液晶ディスプレイなどに応用されています。0.1mmから0.5mmの超薄型ガラスは他の超薄型ガラスに比べて高い需要があります。

フロート製造プロセスが市場を占める

英国のガラス製造会社Pilkington社のフロート製法を発明したのは、アラステア・ピルキントン卿です。このプロセスでは、ソーダ石灰やホウケイ酸塩などのガラス原料が超薄型ガラスの製造に使用されます。また、ガラスの物理的・化学的特性を高めるために、着色剤や精製剤などの添加剤を加えます。フロート製法では、原料を約1万5000℃の炉で溶かし、ガラスの溶融混合物を作ります。

タッチパネルディスプレイ用途が市場を占める

タッチパネルディスプレイは、スマートフォン、テレビ、ウェアラブルデバイス、サイネージなどに幅広く使用されています。タッチパネルディスプレイに使用されている超薄型ガラスは、電子製品全体の軽量化に貢献しています。2019年、タッチパネルディスプレイ部門は、超薄型ガラスの主要な消費者でした。同部門は、スマートフォンやテレビの需要の増加により、長年にわたって大幅に成長してきました。デジタル化が進み、この成長がタッチパネルディスプレイ用途の超薄型ガラス市場を牽引すると予想されています。

家庭用電化製品が市場を占める

家庭用電化製品は、技術の進歩、特にスマートフォン、ウェアラブルデバイス、テレビにより、継続的な進化を遂げています。超薄型ガラスは、ディスプレイやセンサーなどの家庭用電化製品に広く使用されています。導電性や感度、透過性、柔軟性などの特性により、この業界の様々な用途に適しています。コンシューマエレクトロニクスは超薄型ガラス市場の最大のエンドユーザーであり、この傾向は続くと予測されています。

COVID-19超薄型ガラス市場におけるパンデミックの影響

新型コロナウイルスのパンデミックは、世界の航空宇宙産業に波紋を広げ、国境や製造施設を越えて材料や部品を急速に移動させるグローバルなサプライチェーンに影響を与えています。その結果、原材料の遅延や不到着、資金の流れの混乱、生産ラインの労働者の欠勤などが発生しています。超薄型ガラスの主要なエンドユーザーである家電産業の喪失は、超薄型ガラス市場に直接影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]