自動車用モーターの市場規模、2020年の203億米ドルから2025年には257億米ドルに到達予測 新興国の消費力上昇が市場の需要を牽引

自動車用モーターの市場規模は、2020年の203億米ドルから2025年には257億米ドルに達し、CAGR4.8%で成長すると予測されています。安全性や利便性に対するニーズの高まりは、世界的に自動車用モーターの需要が増え続けていることに起因しています。

COVID-19のパンデミックにより、自動車の生産が停止し供給が途絶したことで、自動車産業が停止状態に陥っています。自動車販売台数の減少は、今後2、3四半期の間、自動車メーカーにとって大きな懸念材料となります。専門家によると、2020年内に車両販売が回復する可能性は低いと報告されています。しかし、今後数年間で製造が徐々に再開され、自動化も進むことから、市場は大幅に上昇すると予想されています。2021年の自動車用モーター市場は、自動車販売の減少と需要の急激な停滞により鈍化すると予想されます。

COVID-19の自動車用モーター市場への影響。

Bosch社やContinental社などの大手自動車用モーターメーカーは、COVID-19の期間中、フランス、ドイツ、イタリア、スペインで、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、従業員保護のための生産停止を発表しました。その結果、2020年にはこれらの部品の需要が減少すると予想されています。メーカーはボトルネックを防ぐために生産を調整し、OEMやTier Iメーカーの需要に応じて生産計画を立てることになります。大手自動車メーカーは2020年第1四半期に減収となり、特に米国と欧州主要国ではパンデミックの深刻さから、Tier Iプレーヤーは2020年の最終四半期にさらに収益が減少すると懸念しています。各国が感染拡大を防ぐためにロックダウン状態にあるため、自動車メーカーはサプライチェーンの混乱に直面しています。2020年の市場は衰退局面を迎えると予想されています。

推進要因:安全性と利便性に対する需要の高まり

新興国では乗用車への安全システムの搭載を義務付けるアクティブ・パッシブ安全システムの法制化が予定されているため、自動車の安全基準が強化されています。これにより、ABSやESCなどの搭載台数が大幅に増加し、電動モーターの需要が増加しています。ABS、ESC、ブレーキアシストモータのプラットフォームは、ハイブリッド車や電気自動車のブレーキシステムを含むすべての車両に高出力密度と信頼性を提供し、安全機能を強化しています。

先進のコンパクトペダルアジャスターモーターは、最小のパッケージで最高の均一性を実現するように設計されており、ドライバーのコントロール性と快適性を向上させています。これらすべての機能は、車両の快適性と性能を向上させ、それに伴って自動車用モーターの需要を牽引しています。

市場機会:高級車の需要

世界経済は2008年の不況から回復しています。中国やインドなどの新興国では、より高い成長率が観測されています。新興国は消費力の大幅な上昇に伴い、生活水準も向上しています。世界の高級車市場は、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディなどのドイツの自動車ブランドが独占しています。消費者の嗜好の変化は、より良い製品への需要を高め、世界中のプレミアムカーの販売にプラスの影響を与えています。例えば、BMWの自動車部門は、世界の自動車市場が減速しているにもかかわらず、2019年に成長を記録しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]