スマート輸送の市場規模、2020年の945億米ドルから2025年には1565億米ドルに到達し、CAGR10.6%で成長予測 道路輸送部門が市場を占有

スマート輸送の市場規模は、2020年の945億米ドルから2025年には1565億米ドルに達し、CAGR10.6%で成長すると予測されています。市場の主な成長要因は、顧客体験を向上させるための技術的進歩、スマート輸送のための政府の取り組みやPPP(官民協力事業)モデルの拡大、都市人口の増加と高い人口動態率、技術的最適化を強化するためのIoTや自動化技術の採用などです。

COVID-19の影響は、輸送業界に大きな打撃を与えました。ほとんどの政府が隔離政策を実施しているため、輸送市場は大幅に減速しています。米国ではすでに乗客数の減少が見られています。この問題に立ち向かうために、各国政府は取り組みを行っています。中国や米国などでは、あらゆる種類の通行料や運賃の徴収を停止しています。また、中国では、緊急物資や必要不可欠な人員を輸送する車両の通行料徴収を停止しています。これにより、物流企業の負担を軽減することができます。また、この取り組みにより、必需品の円滑かつタイムリーな配送が可能となります。具体的な取り組みとしては、駐車場の飲食店向け集配ゾーンへの転換や、交通運賃の無料化、歩行者・自転車車線の車両用車線への転換などが挙げられます。

道路輸送部門が市場を占める

車両交通を効果的に監視・管理することで渋滞を緩和し、安全性を向上させる技術として、スマートトランスポーテーションが普及しつつあります。道路におけるスマート交通ソリューションの主要な推進要因の1つは、事故率を低減し、ドライバー、乗客、歩行者の交通安全を向上させることです。高速道路には、道路上に高度なレーダーや警告灯が埋設されるようになってきており、移動中の運転者に高速道路の状況を知らせて警告しています。アメリカ合衆国運輸省は、道路上の交通渋滞を軽減するために、ランプメータリングの導入など、革新的なソリューションを生み出しています。

道路部門の旅客情報ソリューションは高いCAGRで成長

旅客情報ソリューションは、乗客とトランジットサービス提供者をつなぐ重要なリンクです。これは、現在位置、到着・出発予定時刻、混乱の原因など、交通機関サービスに関するリアルタイムの情報を提供します。スマートな旅客情報システムには、GPS対応のデバイス、強力な無線ネットワーク、コンピュータ支援派遣・自動車両位置情報(CAD/AVL)ソフトウェアが含まれています。老朽化した旅客情報ソリューションを先進的なソリューションにアップグレードすることは、同部門の大きな成長要因となっています。スマートフォンの利用率の増加とネットワークインフラの進歩により、コスト効率の高い方法でタイムリーな状況を提供することが可能になりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]