UDテープの市場規模、2020年の1億5100万米ドルから2025年には2億5600万米ドルに到達、CAGR11.1%で成長予測

UDテープの市場規模は、2020年の1億5100万米ドルから2025年には2億5600万米ドルに達し、CAGR11.1%で成長すると予測されています。同市場は、高機能材料の需要の増加により成長しています。しかし、COVID-19の影響で、2020年には市場の減速が予想されています。

COVID-19の影響

COVID-19のパンデミックは、世界の航空宇宙産業に波紋を広げ、国境を越えて材料や部品を移動させるサプライチェーンに影響を与えています。その結果、原材料の遅延や不到着、資金の流れの混乱、生産ラインの人手不足などが発生しています。これらの要因は、世界最大の民間航空機メーカーであるボーイング社とエアバス社、そしてそれらのサプライヤーに影響を与えています。UDテープの主要な用途産業である航空宇宙・防衛産業の喪失は、市場に直接影響を与えています。

推進要因:航空機の一次・二次構造物におけるUDテープ使用量の増加

航空宇宙および防衛産業における車両の軽量化と燃料の効率化は、UDテープの使用を推進する主な要因です。強度重量比の高いUDテープの特性により、効率的な構造設計と空力設計が可能になります。UDテープは高い疲労耐性を提供し、構造部品の強度を向上させることで、従来のジェットライナーよりも大きな旅客窓や低いキャビンでの製造を可能にします。

世界的な航空旅客数の増加は、航空機の生産量の増加に影響しています。新型機の需要は、先進国市場から、APAC(アジア太平洋地域)、南米、アフリカなどの新興国市場へと徐々に移行していくと予想されています。民間航空宇宙分野では、北米が最も多くの民間航空機の納入を記録すると予想され、欧州、APAC、南米、中東がこれに続きます。

炭素繊維ベースのUDテープは、その高い強度と剛性のため、主に航空機で好まれ採用されています。UDテープの主な用途は、固定翼胴体、ドライブシャフト、翼桁、翼外板、貨物床パネル、ファンブレード、テールブーム、リブ補強材、導管、ブラケットなどに使われています。ボーイング社およびエアバス社による航空機設計のパラダイムシフトがあり、複合材料はワイドボディ航空機の主要構造に使用が検討されています。航空機製造における複合材料の使用の増加により、UDテープの需要が急増しています。

抑制要因:リサイクルに関する課題

世界的に見て、企業は地球温暖化の影響を軽減しようとしており、温室効果ガスの排出量を削減するためにUDテープの可能性を探っています。しかし、UDテープの特性であるガラス繊維を再利用することの難しさは、建設業界や自動車業界にとって、リサイクルへのプレッシャーとして抑制要因になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]