生分解性フィルムの市場規模、2020年の11億米ドルから、2025年には15億米ドルに到達、CAGR6.6%で成長予測

生分解性フィルムの市場規模は、2020年の11億米ドルから、2025年には15億米ドルに達し、CAGR6.6%で成長すると予測されます。プラスチック廃棄物と環境への影響に対する意識の高まりは、市場の成長を牽引する要因です。さらに、食品包装業界や、農業・園芸セクターからの高い需要も、市場成長に貢献しています。

COVID-19の影響

生分解性フィルム市場の主要な用途は、農業・園芸と食品包装です。COVID-19はこれらの用途に複雑な影響を与えると予想されます。

生分解性フィルムの需要は、2020年にCOVID-19の影響で減少すると予測されています。ただし、食品産業は引き続き稼働していることから、市場への影響は軽微であると想定しています。

また、農業分野の生分解性フィルムへの需要は、サプライチェーンの混乱により若干の影響が考えられます。

促進要因:食品包装業界からの高い需要

ポリ乳酸(PLA)、デンプンベースのプラスチック、およびポリヒドロキシアルカノエート(PHA)は、使いやすさ、分解性、およびリサイクルの容易さから、食品包装および飲料包装の原料として、使用が増加する傾向にあります。企業は、ブランド化と顧客獲得のための戦略にも、環境にやさしい包装を採用するようになり、食品包装および堆肥化バッグ用途での生分解性フィルムの需要が高まっています。

抑制要因:従来品と比較して高いコスト

一般的に、生分解性フィルムの製造コストは、従来のプラスチックフィルムに比べて20%から80%高くなります。これは主に、生分解性プラスチックの重合コストが高いことに起因しています。ほとんどのプロセスがまだ開発段階にあり、それゆえに競争力による低コスト化を達成していません。

市場機会:着実に成長しているバイオプラスチック産業

バイオプラスチック産業は目覚ましい成長を見せており、これは生分解性フィルム市場にとっても絶好の機会と考えることができます。例えば、2019年12月にPackaging Europeから提供されたデータによると、世界のバイオプラスチックの生産能力は、2019年の約210万トンから2024年には240万トンに増加すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]