3Dマシンビジョンの市場規模、2020年に15億米ドルの評価を受け、2025年には24億米ドルに達し、CAGR9.4%で成長予測

3Dマシンビジョンの市場規模は、2020年の15億米ドルから、2025年には24億米ドルに達し、CAGR9.4%で成長すると予測されています。製品の品質に対する消費者の意識の高まりから、最終製品の品質検査や自動化に対する需要が高まっています。COVID-19後の生産コスト削減のために自動化システムに注力する企業が増えています。しかし、各国でのロックダウンにより、企業は深刻なキャッシュフローの問題に直面しており、資金面からも工場への3Dマシンビジョンの導入を先送りしています。COVID-19の影響により、多くの製造企業が生産を停止しており、3Dマシンビジョン市場に悪影響を与えています。

促進要因:品質検査と自動化の必要性

世界中の製造企業は、COVID-19後の自動化への投資を計画しています。また、製造プロセスにおける重要性を産業界が認識しているため、自動化された品質保証の必要性も高まっています。さらに、COVID-19の発生によるプロセスに関与する人間の不在が、自動化の必要性を高めています。長期的な自動化開発プロセスの不可欠な部分としてマシンビジョンが広く受け入れられるようになりました。

ビジョンガイドロボットシステムへの需要

近年、ビジョン誘導型ロボットシステムは、マシンビジョン市場に大きな変化をもたらしています。自動車や家電の分野では、自動化のための産業用ロボットの使用が急速に増加しています。このため、マシンビジョンシステムとビジョン誘導型ロボットコントローラの統合のニーズが高まっています。マシンビジョンシステムは、ロボットが自分の環境を見て応答できるようにすることで、ロボットの効率を高めます。

抑制要因:エンドユーザーからの様々な要求

製造業では、製品の標準化から製品のカスタマイズへの移行の中で、3Dマシンビジョンの重要性が高まっていくと考えられます。全ての標準となるマシンビジョンシステムを開発するのは、対象となる製造業が複数存在し、顧客ごとに仕様が異なるため難しいと考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]