製造業におけるAIの市場規模、2020年の11億米ドルから2026年には167億米ドルに達し、CAGR57.2%で成長予測 限られた熟練労働力が課題

製造業におけるAIの市場規模は、2020年の11億米ドルから2026年には167億米ドルに達し、CAGR57.2%で成長すると予測されています。市場の主な推進要因は、大規模で複雑なデータセット(ビッグデータ)の増加、産業用IoTと自動化の進化、コンピューティング能力の向上、ベンチャーキャピタル投資の増加などです。

COVID-19の製造業におけるAI市場への影響

COVID-19の影響により、多くの製造企業が生産停止に追い込まれ、サプライチェーンと産業に損害を与えています。産業界は2020年に向けてビジネスモデルの再構築を始めており、中小企業や大規模な製造工場の多くは、ロックダウンと景気減速による損失から、工場での新技術のアップグレードを停止または延期しています。

製造現場でのAIソリューションの導入に対する需要はあるものの、現状では製造業の開発の仕組みがうまく機能しないため、安易な採用はマイナスの影響を受けることが考えられます。一方、医薬品などの産業は、比較的緩やかな影響にとどまると予想されています。

促進要因:産業用IoTと自動化の進化

産業用モノのインターネット(IIoT)は、製造業分野におけるAIベースの技術の採用において重要な役割を果たしています。IIoTは、運用システムやビジネスシステムに関するリアルタイムの情報の提供を可能にすることで、産業プロセスを効率的、生産的、革新的なものにします。IoTから得られるデータは、機械に特定の活動を実行するための指令に変換する必要があります。AIシステムによって設計されたこれらの指令は、ディープラーニング、文脈認識、自然言語処理(NLP)によって人間の行動を学習します。AIを用いたシステムは、時間がかからず、ミスなく継続的に作業を行うことができます。その結果、製造効率が向上し、ビジネスの成長に貢献しています。

抑制要因:AIベースのテクノロジーを採用することに対するメーカー間の抵抗。

AI技術は、より良い予知保全や機械検査プロセスに役立つツールをメーカーに提供します。しかし、製造業者は、コストのかかる機械や設備に新しい技術やAIベースのソリューションを採用することに消極的です。誤操作がコストの上乗せにつながる可能性があるからです。さらに、多くのメーカーは、保守・点検プロセスの精度という点で、AIベースのソリューションの能力に疑問を感じています。これらのことを考えると、AIを活用したソリューションは、費用対効果が高く、効率的で安全であることをメーカーに理解してもらうのは難しい傾向にあります。しかし、ここにきて、メーカーはAIベースのソリューションの潜在的なメリットと、それがもたらすアプリケーションのスペクトルについて、受け入れつつあります。

課題:限られた熟練労働力

企業は、複雑なAIシステムを開発・管理・導入するために、コグニティブコンピューティング、機械学習(ML)や機械知能、ディープラーニング、画像認識などの技術に精通しているなど、一定のスキルを持った人材を必要とします。また、AIソリューションを既存のシステムに統合するには、ヒトの思考を再現するための膨大なデータ処理が必要となります。些細なミスでも、システムの故障につながり、結果に悪影響を及ぼす可能性があります。さらに、AI・ML技術の専門的な基準や認定がないことが、AIの成長を抑制しています。AIサービスプロバイダーは、技術に対する認識と専門知識の不足から、現場でのソリューションの展開・サービス提供に関して課題に直面しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]