塗料・コーティングの市場規模、2020年の1472億米ドルから2025年には1794億米ドルに到達 前処理で発生する廃水や洗浄水の環境問題に課題

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「塗料・コーティングの世界市場 (~2025年):アクリル・アルキド・エポキシ・ポリウレタン・ポリエステル」 (MarketsandMarkets) の販売を8月24日より開始いたしました。

塗料・コーティングの市場規模は、2020年の1472億米ドルから2025年には1794億米ドルに達し、CAGR4.0%で成長すると予測されています。建築、一般産業、塗装保護、自動車、輸送などの産業の成長が、塗料・コーティング市場の成長を牽引しています。

COVID-19の影響

COVID-19は建築・産業部門に影響を与え、塗料・コーティング市場に多くの課題をつきつけています。各地域の主要経済はパンデミックの影響で、塗料・コーティング剤を使用する産業全体の活動が鈍化しています。2020年と2021年には、パッケージングなどの産業が拡大する一方で、その他の産業はマイナスの影響を受けると予想されています。2021年以降、産業や輸送などの活動が再開され、以前と同様の機能を果たすようになると、市場は回復すると予想されます。

推進要因:新技術導入によるコーティングの性能の向上

Asian Paints、PPG Industries、Sherwin-Williams、Berger Paints、AkzoNobelなどの企業が販売している塗料やコーティング剤は、主にコーティング剤の性能向上の結果として、腐食に対する複数年の保証付きで販売されています。さらに、性能を向上させるために、メーカーは環境に優しい新製品を市場に投入しています。新技術の導入はコーティングの性能を向上させています。

抑制要因:水性塗料の乾燥時間の問題

水性塗料の乾燥・硬化には、溶剤系塗料に比べて時間がかかります。また、水性塗料は流動性が高く、湿度によって変化し塗膜の用途に影響を与えます。高湿度時には硬化しにくくなり性能が低下します。また、凍結状態にも敏感で、凍結後には使用できません。

市場機会:造船・パイプライン産業における粉体塗料の利点

中国は海運と造船の分野では最大の国の一つとされ、造船業とパイプライン産業において、粉体塗装の技術で継続的に貢献してきました。パイプライン産業のための粉体塗装技術は常に改善され続けています。造船業だけでなく、電子、化学、繊維、石油化学、製薬、医療、都市建設などの分野でもプラスチックチューブの使用が増えています。これらの分野に投資することは、粉体塗料業界にとって魅力的な市場機会となっています。特にAPAC(アジア太平洋地域)や南米の発展途上国の潜在性は高いでしょう。

課題:廃水排出に関する環境課題

塗料・コーティング業界では、廃水排出に関する州や地方自治体の規制を遵守することに重点が置かれるようになり、多くの環境問題に直面しています。粉体塗装事業では、洗浄や前処理の段階で発生する廃水の中に、かなりの量の金属、油脂、浮遊物質が含まれています。粉体塗装メーカーにとって、多くの州や地方自治体の、排水に関する環境規制を満たすことは難しくなっています。電解メッキの工程を利用する金属仕上げ業者は、重金属汚染による規制遵守の問題に直面しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]