ヘルスケアIoTの市場規模、2020年から2025年にはCAGR21.0%で拡大予測 電子カルテ使用の義務化など、政府の取り組みが成長を牽引

ヘルスケアIoTの市場規模は、2020年の725億米ドルから2025年には1882億米ドルに成長し、CAGR21.0%で成長すると予測されています。ヘルスケア市場におけるIoTの成長を牽引する主な要因は、積極的な患者の関与と患者中心のケアへの注目度の高まり、ヘルスケア分野におけるコスト管理対策の必要性、IoT接続のための高速ネットワーク技術の成長、様々なチャネルを通じた患者中心のサービス提供への注目度などが挙げられます。

COVID19の影響

COVID-19の発生により、IoTヘルスケアソリューションプロバイダーは、ウイルスに対応するための高品質サービスへのソリューションを迅速に提供するようになりました。COVID-19の急速な蔓延は、製薬会社、医薬品メーカー、COVID-19ワクチン開発者から保険会社や病院にいたるまで、ヘルスケアエコシステム全体を支配しました。遠隔医療、遠隔患者モニタリング、インタラクティブ医療、入院患者モニタリングなどのアプリケーションは、この期間中に市場を牽引すると予想されています。

促進要因:COVID-19の影響によるウェアラブルデバイスの需要

COVID-19の発生により、健康とフィットネス、場所に関する情報を追跡し、ラップトップやスマートフォンなどのデバイスと統合できるウェアラブルデバイスの需要が高まっています。COVID-19の影響による健康とフィットネスの利用は、リアルタイムの健康モニタリングを目的としたウェアラブルの購入を増やし、ヘルスケアIoTの技術開発に対する需要をさらに高めます。

抑制要因:ヘルスケア業界の時代遅れのインフラがデジタル成長を妨げる

ヘルスケア業界の問題は、インフラが進まないことです。そして、進まないITインフラに依存している様々な組織が存在します。新しい技術を導入するには、それを実装するための知識を持った労働力を必要とします。

市場機会:デジタルヘルスを促進するための政府の取り組み

各国の政府は、デジタルヘルスを推進するための取り組みを行っています。その取り組みは、必要なインフラの構築やデジタルヘルスを推進するための多額の投資、関連会議の開催、投資家やトップマーケットプレーヤーの招待、ヘルスケアシステムの再構築、先端技術によるHER(電子カルテ)の使用を義務付けた規制など、多岐にわたります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]