スイッチギアの市場機会、2020年の675億米ドルから2025年には885億米ドルに到達、CAGR5.5%で成長予測

スイッチギアの市場機会は、2020年の675億米ドルから2025年には885億米ドルに達し、CAGR5.5%で成長すると予測されています。老朽化した電力インフラの置き換えと再生可能エネルギーへの投資の増加が、スイッチギア市場を牽引すると予想されています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックは、スイッチギア業界にも影響を与えています。各国がパンデミックに対処するためにロックダウン戦略を実施したため、地域を超えた電力セクターの企業が製造施設やサービスを停止せざるを得なくなりました。また、各地域の企業は、主要な電力プロジェクトを中断または遅延させています。さらに、進行中のプロジェクトや電力産業のサプライチェーン全体にも影響を与えています。

推進要因:老朽化した電力インフラ

エネルギー需要の増加に伴い、安定した信頼性の高いT&Dネットワークが必要とされています。アメリカ合衆国エネルギー省(DOE)と北米電気信頼性公社(North American Electric Reliability Corp.)によると、電力が途切れないようにするには、突然の電力スパイクや電力低下に対応できるシステムが必要とされています。米国は他の先進国より停電への耐性があります。停電は一度起きると1時間以上続き、過去数年間で着実に増加しており、アメリカのビジネスに年間約1500億米ドルのコストがかかっています。停電が増加している主な理由は、インフラの老朽化、投資不足、送電網の近代化のための明確な政策の欠如です。世界では、北米、欧州、APACの一部を中心に、停電を削減・制限し、老朽化した電力網を更新するための新たな規制が、電力部門の機器バリューチェーン全体の市場を創出しています。スイッチギアは、老朽化あるいは過度に使用されている機器が故障のリスクにある時に、よりスマートな解決を可能にします。監視ソリューションの助けを借りて保守チームに警告を発し、リアルタイムのデータを提供して問題点や改善を提示します。

課題:装置の高コスト

スイッチギアは、保守活動を安全に実施したり、故障を解消したりするために、電気回路を電源から隔離します。エネルギー消費者は、不規則なサージから電気機器を保護するためにスイッチギアを使用しています。これら多くの機能を備えているため、スイッチギアのコストは高くなります。スイッチギアのアセンブリは、電力の流れを導通または遮断するスイッチ、サーキットブレーカ、ヒューズ、避雷器などの導電部品と、制御パネル、変流器、電位変圧器、保護リレー、および導電部品を監視、制御、保護する関連回路などの制御システムで構成されています。これらのコンポーネントにより、複雑で高価なスイッチギアのソリューションが完成します。スイッチギアの高コスト部品による構成は、市場の成長を抑制する要因となる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]