航空機照明の市場規模、2030年には19億8700万米ドルに到達予測 輸送量の増加と大手航空機メーカーの存在が北米市場の成長を牽引

航空機照明の市場規模は、2020年には8億2600万米ドル、2030年には19億8700万米ドルに達し、CAGR9.2%で成長すると予測されています。航空機受注の増加と、白熱灯からLED照明へのシフトは、市場を牽引する主な要因となっています。

COVID-19の影響

COVID-19の影響により、地域全体の旅客旅行需要が減少し、世界中の航空業界に悪影響を及ぼしています。さらに、航空機の電気システムに対する需要は、航空機の納入に直接関わっています。最も大幅な需要減が予測されるのはアジア・太平洋地域で、欧州がこれに続きます。

市場機会:都市部のエアモビリティプラットフォーム

国連によると、1950年に7億5100万人だった世界の都市人口は、2018年には42億人へ増加したため、都市空間の混雑が生じると報告されています。都市部に多くの人口が居住するようになると、都市間の移動を可能にするために、交通システムを効率的に管理する必要があります。世界中の都市は、交通渋滞の問題を解決するために、代替交通手段を探しています。旅客用ドローンやエアタクシーとしてのeVTOLなどの都市型エアモビリティプラットフォームは、渋滞した道路の回避、モノやヒト移動の向上、汚染の減少、輸送時間の短縮、交通事故の減少、既存の交通システムへの負担の軽減などの利点があります。エコシステム開発のほとんど全ての企業が、これらの都市型エアモビリティプラットフォームのバリューチェーンのさまざまな段階に投資しており、近い将来、大きな需要が見込まれています。

ヘリコプター部門は、最高のCAGRで成長する

商業用ヘリコプターを利用した観光客の増加に伴い、高度なキャビンコンフォート機能の搭載が求められています。それに伴い、内装や外装の照明のカスタマイズが求められています。また、救急医療などの商業用途での需要が増加していることから、ヘリコプターの受注が増加しています。

航空機照明市場を牽引する内装照明

室内照明には、読書灯、シーリングライト、ウォールライト、サイネージ、フロアパス照明ストリップ、トイレ照明などがあります。航空会社は、乗客の需要や気分に合わせて雰囲気を演出するために、多色の室内照明の導入に力を入れています。乗客の体験と快適性を向上させたいという需要の高まりが、室内灯部門を後押しすると予想されています。

北米は航空分野の航空機照明市場をリード

北米の市場成長は、主に空の旅への高い需要と飛行体験の向上に牽引されています。この地域の旅客輸送量の増加は、航空機の受注につながり、その結果、この地域の航空機照明の需要の増加につながっています。また、北米における航空機照明製品の需要が高いのは、同地域に大手航空機メーカーが存在することにも起因しています。また、航空機OEMや航空会社からは、この地域の二酸化炭素排出量を削減するための高効率LED照明に対する大きな需要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]