発電用ディーゼルエンジンの市場規模、2025年に79億米ドル到達予測 人口増加、生活水準の向上、工業化と相まって、アジア太平洋地域が最大シェア

発電用ディーゼルエンジンの市場規模は、2020年の63億米ドルから2025年には79億米ドルに達し、CAGR4.6%で成長すると予測されています。工業化の進展、生活水準の向上、信頼性の高いバックアップ電源の需要が市場の推進要因となっています。さらに、データセンターや商業施設への投資が、この製品の需要をさらに牽引すると予想されます。

COVID-19がディーゼルエンジン市場へ与える影響

市場には、Caterpillar、Cummins、Wartsila、Rolls Royce Holdings、MAN SEなどの主要なTier1およびTier2サプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、中東・アフリカ、南米の様々な国に製造施設を持っており、COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。

推進要因:信頼性の高い無停電電力への需要

電力は、成長を牽引する重要な資源です。EIAの「International Energy Outlook 2019」によると、世界の電力需要は2040年まで年率2.11%の増加が見込まれています。この成長の大部分は、中国やインドなどの非OECD諸国で発生すると予想されています。しかし、2020年の短期的な電力需要は、COVID-19とそれに伴う景気後退の影響で5%減少すると予想されています。回復が早まった場合には、需要は2%減少すると予想されています。世界のエネルギー電力生産能力はより速いペースで成長しており、T&Dネットワークの整備の成長が追いつかず、停電やサージなどの信頼性の問題が発生しています。発展途上地域では停電が多く、先進地域では停電や電圧変動が多くなっています。

抑制要因:代替エネルギーとの競合

燃料電池、電池、再生可能エネルギー、太陽光発電、SOFCセルなどのエネルギー源は、多くの先進国では、発電と蓄電の代替源として機能することができます。例えば、米国では効率的な発電に対する需要が常に増加しており、多くの組織が光熱費を削減しようとしています。レシプロエンジンなどの競合技術が35%以下の効率であるのに対し、固体酸化物形燃料電池は60%以上のエネルギー効率を提供しています。さらに、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの成長により、生成されるエネルギーの単位コストが低下しています。ディーゼルを使用した発電コストは、再生可能エネルギー技術を使用して発生するコストの2倍から3倍になります。

市場機会:遠隔地でのハイブリッド発電の成長

通信塔、遠隔地の産業ユニット、小さな村、島など、遠隔地やオフグリッドサイトの発電要件は、ハイブリッド発電によって満たすことができます。オフグリッドサイトの大部分は、電化が絶対的ではないアフリカやアジア太平洋などの発展途上地域に位置しています。World Energy Outlookによると、サハラ以南のアフリカの電化率は35%、農村部の電化率は19%に過ぎず、約5億5000万人が電気のない生活を送っています。アジア太平洋地域の発展途上国では、送電網が整備されていないため、約6億人が電気を利用できない状態で生活しています。これらの地域で100%の電化を確実にするためには、莫大な投資が必要となります。このような遠隔地の電力需要は、ディーゼル発電機と自然エネルギーを組み合わせたハイブリッド電力ソリューションによって賄われています。ハイブリッド電力システムは、ディーゼル発電機と再生可能エネルギー(風力、太陽光、またはその両方)を組み合わせたものです。これにより、オフグリッドサイトへの24時間365日の電力供給が可能となり、より少ない停電時間での電力供給が可能となります。

課題:厳しい環境・政府の規制

排出量を削減し、環境規制を満たすために、世界的にディーゼル燃料に厳しい政府の規範が課せられています。2014年には、米国EPAは、非道路用ディーゼルエンジンのディーゼル基準を超低硫黄ディーゼル(ULSD)でなければならないことを義務付けました。発電機メーカーにとっての主な課題は、性能レベルを維持しながら排出ガスレベルを低減することです。例えば、Caterpillar社はディーゼルエンジン搭載の発電機をオフショア産業向けに発売し、排出基準を満たしました。2018年から2020年の間に、多くのメーカーがこれらの厳しい基準に適合した新製品を発売しました。

アジア太平洋地域が最大市場

市場は、アジア太平洋、欧州、北米、中東・アフリカ、南米の5つの地域に区分されます。アジア太平洋地域が市場シェアで最大になると予想されています。人口増加、都市化、生活水準の向上、工業化と相まって、電力需要の増加に貢献しています。市場は、産業、商業施設、住宅のエンドユーザーのための信頼性の高いバックアップとプライム電源のニーズを満たすために、この地域で成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]