口腔ケア・衛生の市場規模、2025年には533億米ドルに到達予測 歯ブラシ部門の急成長は、電動歯ブラシによる口腔内健康への意識改革に起因

口腔ケア・衛生市場は、2020年の458億米ドルから2025年には533億米ドルに達し、CAGR3.1%で成長すると予測されています。虫歯、歯周病、その他の歯科疾患の有病率の増加、口腔衛生に対する意識の高まり、歯科医療費の増加、歯科医院を併設した小規模・個人医院の増加などが、同市場の成長に貢献している要因の一部です。一方で、主要企業が直面している価格競争による圧力が、口腔ケア・口腔衛生市場の成長を妨げています。

促進要因:口腔衛生に対する意識の高まり

歯科医だけでなく、主要企業の努力による口腔衛生意識の変化は市場の成長に大きく貢献しています。これらの関係者は、歯科衛生に対する意識を高め、新製品や先進的な製品のデモンストレーションを行うために、様々なセミナーやプログラムを実施しています。

抑制要因:オーラルケア・口腔衛生市場における価格競争

地域レベルで事業を展開している企業が増加しており、競争が激化しています。インド、中国、ブラジルなどの発展途上国では、グローバルプレイヤーへの価格設定圧力が高まっています。同地域の企業は、口腔ケア製品を割引価格で提供したり、eコマース・チャネルを通じて低価格で販売しており、グローバルプレイヤーの価格設定に圧力をかけています。

市場機会:オーラルケア製品のオンライン購入

近年、オーラルケア製品は、従来の流通業者、小売業者、薬局よりも、オンラインでの購入が選ばれる傾向があります。これは、電子商取引を利用した購入や、複数ブランドの製品を低価格で購入できること、購入が容易であること、送料が無料であることなど、いくつかの利点に起因しています。電子商取引を通じたオーラルケア製品の販売の成功により、主要な企業のこれらのチャネルへの投資が増加しています。

歯ブラシ部門は、最速で成長する

市場は、製品別に歯磨き粉、歯ブラシ・アクセサリー、洗口液/リンス、義歯製品、歯科用アクセサリー・補助器具、歯科用補綴物洗浄液に分類されています。歯ブラシ部門には、手動式、電動式(充電式)、電池式(充電式ではない)の歯ブラシがあります。2020年から2025年の歯ブラシ部門は、高い成長が期待されています。同市場の成長は、主に電動歯ブラシ業界における口腔内の健康と技術革新に起因しています。

アジア太平洋地域が最も高い成長率を示す

市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカに分類され、アジア太平洋地域は、最も高い成長率を示すと予想されています。これは、主に、歯列矯正に関連した高齢者人口の増加、子供や成人におけるう蝕やその他の歯周病の有病率の増加、可処分所得の増加と相まった医療費の増加、口腔ケアに対する意識の高まり、歯科治療への支出意欲の高まりなどに起因していると考えられます。また、アジア新興国の主要企業への注目度の高まりは、同地域の市場成長をさらに後押しすることになるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]