UV硬化システムの市場規模、2025年に67億米ドルに到達予測 新規用途として、3D印刷、デジタル印刷、金属コーティングの需要拡大

UV硬化システム市場は、2020年の33億米ドルから2025年には67億米ドルに達し、CAGR15.0%で成長すると予測されています。市場成長の主な推進要因は、環境に優しい製品への関心の高まり、UV硬化システムのメリットの多さ、COVID-19によるUV LEDの需要やUV消毒の採用、などが挙げられます。

COVID-19のUV硬化装置市場への影響

世界はCOVID-19パンデミックによる経済危機に直面しています。しかし、医療・家電分野に特化したUV硬化装置のビジネスは、他の分野に比べて影響が少ない傾向にあります。安全で一貫性のある効率的な製造プロセスを維持することは、高品質の製品を確保するための基本的な要件です。この業界が直面している課題として、コスト圧力の高まり、規制や安全性に関するガイドライン、製品ポートフォリオの多様化などが挙げられます。UV硬化システムは、コーティング、インク、接着剤の迅速な生産のために、注射器、カテーテル、補聴器、透析装置、投薬パッチ、ハイドロゲル、フィルター、テストストリップなどの様々な医療製品に使用されています。COVID-19に感染した患者を支援し、ウイルスの拡散を防ぐために必要なサービス、医療機器、その他の必要な機器の需要が増加しています。この需要の増加は、同分野でのUV硬化システムの使用に拍車をかけると予想されます。

推進要因:環境に優しい製品への関心の高まり、グリーン製品推奨に関する規制

従来の熱を利用した硬化技術や空気を利用した乾燥技術では、溶剤を蒸発させていました。その結果、相当量の二酸化炭素や温室効果ガスが排出され、環境汚染物質が発生し、環境やオゾン層に影響を与えました。VOC(揮発性有機化合物)は、通常、ホルムアルデヒドや有機溶剤です。揮発性有機化合物の多くは、大気中に蒸発してオゾン層の破壊や温室効果に寄与する溶剤系の製剤を含んでいます。これらのVOCは、いくつかの長期的な影響とともに、頭痛やめまいを引き起こす可能性があるため、コーティングまたは乾燥用途のVOCの利用は好ましくありません。

制限:硬化の深さが限定

UV硬化技術は不透明な部品に限定され、酸素阻害のために接着剤が表面に残ります。また、空気中で硬化させると、重合を開始する前にフリーラジカルが酸素と反応してしまい、硬化が不完全で表面がベタベタしてしまうという問題があります。また、UV硬化装置は収縮率が高く、深部や影のある部分の硬化が難しいという問題があります。

影部分を克服するためには、熱硬化炉での2回目の硬化作業が可能です。しかし、特に自動車、農業、家電、建築などの産業では、二次硬化に晒せない電子部品の組立品が多く存在します。二次操作は、生産組立工程を遅くし、従来の硬化システムよりも多くのエネルギーを消費します。

市場機会:新しい用途でのUV硬化技術に高い成長の見通し

現在、UV硬化システムが使用されている最も顕著なアプリケーションは、コーティング、接着、印刷です。そのような印刷、ヘルスケア、自動車などの産業は、UV硬化装置の主要なユーザーです。

UV硬化の他の新興アプリケーションは、3D印刷、デジタル印刷、金属コーティングであり、高い成長の可能性を秘めています。これらのアプリケーションは現在開発段階にあり、数年後には効果的な商業化が期待されています。米国コーティング協会(ACA)の記事によると、2013年のUV・EBアプリケーションの成長率第6位である金属加飾は年間成長率9.3%、3Dプリンティングは27.3%と最も速い成長率を示しており、2015年から2017年のUV硬化全体の年間成長率は6.7%でした。

また、UV硬化技術は、将来的にはプラスチックコーティングや木材コーティングよりも金属コーティング用途の主要技術の一つとして認識されると予想されています。金属コーティング市場には、自動車や航空宇宙・防衛など、いくつかの潜在的な産業が含まれています。

最終用途別では、医療分野が最大のシェアを保持

UV硬化システムは、コーティング、インク、接着剤のスピード生産のために、注射器、カテーテル、補聴器、透析装置、投薬パッチ、ハイドロゲル、フィルター、テストストリップなどの様々な医療製品に使用されています。これらのシステムは、コスト削減と高品質な製品の提供に貢献しています。医療分野におけるUV硬化の採用は、迅速な処理、オンデマンド硬化、自動化の容易さ、低温、低エネルギー要件などの特性により増加しています。UVスポットキュアとUV LEDフラッドキュアは、主に医療用電子部品の組み立てに使用されています。精密な照射制御や要件に基づいた波長選択などのUV硬化技術の特徴は、組立工程での組織化されたUV硬化を持つ医療機器メーカーを支援します。UV硬化システムは、大量の自動化されたプロセスのための重要なソリューションであり、材料コストと運用コストを削減します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]