細胞計数の市場規模、2020年の104億米ドルから2025年には145億米ドルに達し、CAGR6.7%で成長予測

細胞計数市場は、2020年の104億米ドルから2025年には145億米ドルに達し、CAGR6.7%で成長すると予測されています。市場の成長は、細胞ベースの研究資金の増加、慢性疾患や感染症の発症率の上昇、バイオテクノロジーやバイオ医薬品産業の成長、高度なソリューションの開発や画像解析の改善、ハイスループットフローサイトメトリーや自動血液分析装置の利用拡大などが主な要因となっています。一方で、細胞分析のコストが高いことが市場の成長を妨げていると予想されます。

医療アプリケーション部門は、最高のCAGRで成長

細胞計数市場は、用途に基づいて、研究用、医療用、産業用に分類されています。中でも、医療用部門は、最も高いCAGRで成長すると予想されています。幹細胞研究における政府の取り組みと細胞計数の広範な利用が、研究用部門の成長を推進する主な要因です。

病院や診断検査室部門は、最高のCAGRで成長

エンドユーザー別に見ると、細胞計数市場は、研究機関、病院・診断検査室、製薬・バイオテクノロジー企業、CRO(開発業務受託機関)、その他のエンドユーザーに分類されています。病院・診断検査室は最も高いCAGRで成長すると推測されます。これは、主に規制当局による細胞培養ベースワクチンの承認の増加、医薬品の研究開発費の増加、様々な製薬会社の商業的拡大に起因している可能性があります。

アジア太平洋地域が最大シェアを占める

APAC(アジア太平洋地域)地域は、最も高いCAGRで成長すると予想されています。この地域の成長は、プロテオミクス、ゲノミクス、幹細胞研究活動の増加、研究資金の増加、製薬・バイオテクノロジー企業による投資の増加、研究インフラの近代化などの要因に起因すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]