ADASの市場規模、2020年の270億米ドルから2030年には830億米ドルに達し、CAGR11.9%で成長

ADASの市場規模は、2020年の270億米ドルから2030年には830億米ドルに達し、CAGR11.9%で成長すると予測されています。今後の安全重視への対応と半自律型運転システムへの需要により、ADAS市場が牽引されます。

COVID-19パンデミックにより、自動車の生産が停止し供給が途絶え、自動車産業は足踏み状態に陥っています。自動車販売台数の減少は、今後数四半期の自動車OEMにとって大きな懸念材料になります。2020年に車両販売が回復する可能性は低く、2021年も、新技術の開発停止により、成長は鈍化すると予想されています。しかし、各国のADAS導入の義務化対策などにより、市場は2022年には大幅に上昇すると予想されています。

厳しい車両安全規制

車両の安全性評価に対する意識の高まりと、カメラやレーダーの広範な採用による部品コストの低下は、ADAS市場の主要な成長要因となるでしょう。主要なOEMは、多くの消費者を惹きつけ、より高い安全性を実現するためにADASソリューションを採用しています。大手OEMはモデル全体で安全システムを標準化するか、追加機能として提供しています。ADAS機能の普及が進むことで、カメラ、レーダーセンサー、超音波センサー、LiDARなどのコンポーネントの需要が急増します。

発展途上国におけるインフラの不足

ADASが効果的に機能するためには、整備された道路、車線のマーキング、GPSの利用可能性などの基本的なインフラが必要となります。都市部以外でのインフラの貧弱さ、コストの問題、不十分な運転トレーニングまたは運転規律は、発展途上国におけるADAS市場の成長を抑制しています。さらに、進行中のCOVID-19パンデミックによる財政危機は、インテリジェント輸送のための近代的なインフラの開発をさらに遅らせることになります。

自律走行車の出現

自律走行車の導入は、通勤に変革をもたらすと期待されています。ADAS技術は、車線監視、緊急ブレーキ、安定制御などの機能を備え、運転の複雑さを大幅に軽減しています。自律走行車は、LiDAR、レーダー、超音波センサー、高精細カメラなどの先端技術やシステムに頼ってデータを収集しています。このデータは、車載のスマート自律運転システムによって分析され、車両を安全に操縦します。テスラ、フォルクスワーゲン、フォード、ゼネラルモーターズ、ウェイモは、今後数年で完全自律走行車を発売する計画です。2018年3月、日産は2022年までに20車種にProPILOTを導入する計画を発表しました。自律走行システムへの注目度が高まることで、OEMは半自律走行車向けのクルーズコントロール機能や先進の安全システムをより多く搭載できるようになると推測されます。

アジア太平洋地域は、最大のシェアを占めると予測

アジア太平洋地域のADAS市場では、中国、韓国、日本が最大のシェアを占めています。アジア太平洋地域の市場の成長は、日本、韓国、中国の自動車生産台数の多さと先進的なエレクトロニクスの使用の増加に起因しています。これらの国の政府は、自動車産業の成長の可能性を認識しており、その結果、主要なOEMが国内市場に参入することを奨励するための様々な取り組みを行ってきました。フォルクスワーゲン(ドイツ)、メルセデス・ベンツ(ドイツ)、ゼネラル・モーターズ(米国)などの欧米の自動車メーカーは、生産工場を発展途上国にシフトしています。

ロバートボッシュ(ドイツ)、コンチネンタル(ドイツ)、デンソー(日本)などの大手ADASソリューションプロバイダーは、この地域全体に生産拠点を持っています。COVID-19パンデミックの影響で自動車販売が減速しているにもかかわらず、安全重視の姿勢は、今後の自動車へのADAS機能の普及を確実に後押しすると推測されます。例えば、中国は2019年からTPMS(タイヤ空気圧監視システム)の搭載を義務付けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]