キレート剤の市場規模、2020年の68億米ドルから2025年には84億米ドルに達し、CAGR4.2%で成長予測

キレート剤の市場規模は、2020年の68億米ドルから2025年には84億米ドルに達し、CAGR4.2%で成長すると予測されています。これは、表面洗浄剤、万能洗浄剤、消毒剤などの洗浄剤の需要増加に起因します。また、飲料水の需要増加も市場の成長を牽引すると予想されています。

生分解性キレート剤は急成長する

生分解性キレート剤の目的は、持続可能性の実現です。表面洗浄剤、洗剤などの洗浄製品、石鹸、シャンプー、飲料水などのパーソナルケア製品の需要は増加の一途をたどっています。これらのパーソナルケア製品やクリーニング製品の消費量の増加、職場、家庭、商業空間で求められる適切な衛生状態の維持、製品がもたらす安全性が、生分解性キレート剤の需要を推進する主な要因となっています。

用途別ではクリーニング部門が急成長

キレート剤は、洗浄剤として有効に機能する必要があり、硬水に多く含まれるミネラル分が洗浄の妨げとならないよう使用されています。また、キレート剤には、保存性の向上、ニッケルやクロムによるアレルギーの防止、色の保持、抗菌効果、スケール除去などの効果があります。表面洗浄剤、万能洗浄剤、洗剤、消毒剤などの洗浄製品でのキレート剤の使用は、個人や身の回りの衛生管理の必要性から、今後も増加が見込まれています。

APACがキレート剤市場を独占

APAC(アジア太平洋地域)はキレート剤市場をリードすると予測されます。人口増加、都市化、工業化が同地域の市場の主な推進要因となっています。紙・パルプ、工業・施設清掃、水処理、石油・ガス、繊維、医薬品、農業、パーソナルケアなどの産業は、多くの用途でキレート剤を使用しています。APACでも存在感を示しており、同地域の市場規模を拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]